PROFILE

yoccico

Author:yoccico
ローフード食材・オーガニック食材の
通販/卸売
LIVING LIFE MARKETPLACE
沖縄・ローフードカフェ
スムージー&ジュースバー
KARMA ORGANICS
を運営しています。

-Aloe barbadesis-
□ ユリ科 Liliaceae
□ アロエベラ、キュラソーアロエ
□ 抗ウィルス、胃粘膜保護など
□ アフリカ
品種が多く世界中で環境に適するように分布。ヨーロッパで好まれる。キダチアロエに比べ大きく育ち肉厚。
アロエ:苦いを意味する言葉

CALENDAR

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

RECENT ENTRY + COMMENT

RAW

YOGA

ARCHIVE

  


「ALOEログ+ローフード」について

yoccicoです。

2008年7月から本格的にローフードを日常に取り入れるようになり、 身体の変化を感じながら、
ローフードクッキングの楽しさ、 ローフードの与える影響にすっかり虜になり、 2009年3月、
ローフード+オーガニック食材専門店 LIVING LIFE MARKETPLACE(販売・通販)
を設立しました。

まだまだ小さなお店ですが、ローカカオ[生カカオ]製品(ニブ、パウダー、バター)、
ローカシューナッツ(生)、デーツ、アガベネクター、
フラックスシード、ココナッツオイル(食用)などのローフード食材の通信販売をしています。
自分たちが本当に欲しいと思うもの、必要だと思うもの、
実際に味わい、安全でおいしいと思えるものを吟味して取り揃えていきたいと思います。
そして、日本国内、どこででもローフード食材が手に入るような、
そんな世の中になっていく環境作りに貢献できたらと思っています。
ローフード、ヨガ、沖縄に関する日記や、ローフードダイエットについて、
そして日々作った料理などをブログに 載せているので、
暇な時なんかにちら~っと遊びに来てくださいな。

yoccico自己紹介は → こちら

お店のサイトはこちら↓↓↓

ローフード+オーガニック食材専門店
LIVING LIFE MARKETPLACE

~ RAW FOOD & ORGANIC WEBSHOP ~

実店舗はこちらです↓
KARMA.png





✥✥✥ レシピブック発売記念。 ✥✥✥
無料クイック講座日程は → こちら


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の100のリスト。

何も難しいこと考えずに、人生を見つめないしたい人にとっておきの本。

昔、友達にすすめられて読んで、
くだらない話ばかりの内容に魅了されてあっという間に読み終えましたよ。

人生に疲れている人、路頭に迷っている人、岐路に立っている人。

案外まじめすぎる人にもオススメです。

ビジネス誌のプレジデントにも扱われたらしいじゃない。


娯楽本として読み終えた後には、
なぜか、なぜだか、その気になって。
そりゃもう、私だって、100のリスト作りましたよ。

100まで作れないにしても、今だって、時々はリストしちゃったりします。

言霊じゃないけどね、リストしてみると、漠然としていた思いが具現化されていく。

というか、パブロフの犬じゃないけど、人間はちゃんと美味しい餌を目の前に出されると無意識にそちらの方向へ向かって行動を起こしてしまうらしいですよ。

夢や希望や憧れを、文字にしてみるといいかもしれない。

セレブになりたい。
とか。
野球選手になりたい。
とか。

深い意味なんてなくても、なんでもいいじゃない。
(ビジネスハウツーとしてとらえたときはこれではダメだろうけど)

子供の頃に戻って、理性なんか捨てて、
書いてみるといいかもしれない。
そしたら、案外、本当にやりたいことが見えてくるのかもしれない。

難しく考えすぎて身動き取れないそこの君。

くだらないかもしれないけど、何となく過ごす時間があるのなら、100のリスト作ってみては?

よくあるタイプのこういう自己啓発的な?

リストかもしれないけど、

本の内容が、難しいこと一切抜きで、くだらないけど、なぜか噛めば噛むほど的な味わいのある人生のエッセンスが含まれているロバート・ハリス氏の著書。


なので、疲れているときにオススメです~



ふと思い出したので、ここで紹介してみました。


暇だったら、読んでみてね。笑







-------------------------------------------------------------
皆さんのワンクリックが励みです↓
http://food.blogmura.com/rawfood/
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
---------------------------------------------------------------
ローフード+オーガニック食材専門店
LIVING LIFE MARKETPLACE

~ RAW FOOD & ORGANIC WEBSHOP ~
Karma.jpg
● LLMPフォローしてね → LLMPinfoをフォローしましょう
● LLMPfacebookページもヨロシク↓
http://www.facebook.com/livinglifemarketplace






スポンサーサイト

Conscious Eatingを読んでいます。

最近、Conscious Eatingを読み始めました。

とても分厚い本ですが、とても興味深いことがたくさん書かれています。

まだまだ全然読めていないのですが、

"One diet for everyone" is based on the false assumption.....

という記述がとても気になりました。

要は、ひとつの食事の仕方が万人にいいというわけではないということですが、

レシピを見ていても、バータ、ピッタ、カパ、を乱す食品、レシピ、と説明がされています。

アーユルベーダに沿ったお話です。
彼は、Diplomate of Ayurveda アーユルベーダのお医者さんです。

その土地によっても、食べ方や食べるものはかわってくるだそうな。
彼自身の体験で、暖かいカリフォルニア州から
寒いメイン州へワークショップへ行ったら、
やたらと食欲が増えたと。いつもの3倍!
でも、ワークショップ後はいつもと変わらない体重だったと。
(ワークショップ後は体重が必ず減るんだってー)

だから寒い土地にいると食事の量が増えるということ。
身体をあたためようと、エネルギーを余計に使うからでしょうか。
暖かい沖縄にいるワタシは・・・
食事の量が減らないとおかしいですな。。

あと、マインドすらも、消化に影響するというお話です。
かれは、精神科医としてのバックグラウンドもあるようです。
ネガティブな考えは、(テレビや新聞を読むことさえも)
慢性的に空腹を覚えさせたり、ガツガツ食べたり、満たされない食欲を生むんだって。
消化そのものに重さを与えるとも言っています。
“ネガティブ”はエネルギーをブロックしてしまうのだそうです。そして脂肪として蓄えられる。

できればゆっくりと今の食べ方から
ライブフードへとシフトしていったほうがいいと。

rigidは良くない。
凝り固まった考え方は良くない。
一日のうちでいつ、一番大きなミールをいただくかということも
アーユルベーダでは午前10時から午後2時。
中医学では午前7時から午前9時。
でもそれすらも、人それぞれによって、生活パターンが違うから
ベストな時間というのは人によってまちまち。


物を食べた後にどう感じるかとかを
ノートに取るといいと書いてあった。

ワタシも以前は食事日記をつけていたけど
つけなくなってから、結構ロー率もまちまち。
ちょっと体重も増加傾向!?
なので、やっぱりもう一度日記をつけてみようかなーなどと
考え中。
マインドの変化というのを中心に。



あとはまだまだぜんぜん読み進んでいないから
これから少しずつ読んでいく予定。

あ、ナッツ類に関して面白い記述。

The primary nuts and sedds recommended for a life-food diet are sesame, pumpkin, sunflower, flax, chia, and almonds.
Nuts such as walnuts, brazil nuts, macadamia, and pistachios can be soaked but will not sprout.

セサミ、パンプキン、サンフラワー、フラックス、チア、アーモンドをオススメ。
くるみ、ブラジルナッツ、マカダミア、ピスタチオなどはソークしてもスプラウトしないんだって。

だから、最後に出てくるレシピにはあまりたくさんのナッツ類が出てこない。
シード類がほとんどで、アーモンド、あとすごい時々くるみが出てくる。

Rainbow Green Live-Food Cuisine
という本も買ったんだけど、そっちのレシピには多少いろいろなナッツ類が出てくるけど
基本、シード類かアーモンド。

あと、カシューナッツはFood to avoid(避けるべき食品)の部類に入ってたんだけど・・・
なんでだろう。
他のナッツ類より糖分(炭水化物)が高いから?
生醤油とかニュートリショナルイーストとかもFood to avoid
かなり高いレベルに到達した時のお話なんだけど、
結構キビシイなぁ・・というのが印象。



でも、多くのローフーディストたちはカシューナッツたくさん食べてると思うけど。

まあ、これもまた一つのスタイルということでしょうか。




とにかく、体質に合わせて、バランスよく。

意識して食べる。ということが大切。


奥が深そうです。

頑張って読んでみたいと思います。




読んでくれてありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリック、とっても励みになってます☆
皆さんの何かのお役に立てればいいかと思ってマス。
もしよろしければ応援クリック。
今日もヨロシク↓絵文字名を入力してください
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
  • FC2 Ranking



  • 次に最近読んだ本



    高校、大学と生物を勉強したことのない旦那さんが
    生物入門の書として購入して読んでいた。
    理系科目にはさっぱり興味が持てない私であるけれど、
    おもしろかったから読んでみれば?の一言で読んでみることにした。
    果たして理系アレルギーの私が読みとおせるのかしら…

    読み始めればテンポよい文章に一気に引き込まれあっという間に読み上げた。
    本当に頭のいい人というのは、何をやらせてもそつなくこなしてしまうものなのかもしれないんだなー。

    推理小説の謎を解き明かすかのように、医学界で起こるさまざまなエピソードをまじえつつ、「生命とはなにか」に対する著者自身の研究の日々と思索にふけった末の著者なりの答えを導き出していく。

    時折出てきた、NYの描写が実にすばらしい。理系的観測。でも、どこか文学的。
    NYの町並みが脳裏に浮かぶ。

    これだけ複雑な内容をよくもまあ私のようなど素人にでもわかりやすいように一冊の本にまとめたものだなぁと、著者の文書力は驚愕に値する。

    要は、DNAから派生する生命に関するお話です。

    - 動的平衡 -

    わかりやすいところを例に出すと、半年振りに知人に会ったとして「お変わりありませんね」という挨拶をしたとしても分子のレベルではお変わりまくりなのらしい。
    まあ、詳しい内容は書きたかったとしてもワタシの頭のレベルじゃ書けません。


    最終的に著者がたどり着いた感嘆すべき生命の素晴らしさと、
    研究の末に明らかにできたこと。

    最後、エピローグに結ぶ少年時代の回想と生物学者であるが所以に皮肉ながらにも思い知らされる意味深な結論が、またとても素晴らしい。


    傑作でした。







    『森の生活』

    最近読んでいる本。

    H.D.ソロー 

     

    この本を手にするまでは名前すら聞いたことがなかった。
    しかもブックオフの100円コーナーで…

    その中の記述から



    生活がいくらみじめであろうと、そこから顔をそむけたりはせず、ありのままに生きることだ。自分の生活を避けたり罵倒したりしてはいけない。それだって当人ほどはわるくないのだから。生活は、諸君がいちばん富んでいるときにいちばん貧しくみえるものだ。粗探し屋は天国にだって粗を見つける。貧しくても、生活を愛したまえ。救貧院にはいっていようと、楽しくて胸のときめく、すばらしい時間はあるだろう。落日は金持ちの邸宅の窓だけではなく、養老院の窓からも、おなじようにあかあかと照り返る。春がくれば、雪はおなじようにはやばやとドアの前で溶ける。おだやかな心の持ち主なら、そういう場所に住んでいても、宮殿にいるのと変わらない満足感や、ひとを奮い立たせる思想をいだきながら生きていけるであろう・・・


    「汝の視力を内部に向けよ。やがてそこには、今だ発見されざる、千もの領域が見つかるだろう。その世界を経巡り、身近な宇宙地理学の最高権威者となれ」

    さまざまな聖典や古典文学からの引用が多い著者は「ヴァガバッド・ギーター」の愛読者でもあったようです。

    暖かな気候の中で少し緩んだ生活が始まると、厳しい冬に立ち向かう、四季折々の生活にあこがれることもしばしあります。

    そして、

    人生をどう生きるべきか・・・

    森の生活を通して哲学的な部分も垣間見る傑作であると思い、ます。




    骨単・肉単 




    これヨガのインストラクターしてる時にすごくほしかった本。
    でも、果たしてほんとに読むのか、って事と、けっこーいい値段がするからあきらめてた。

    そしたらだんなさんがこの前学校で買ってきたんだ。
    国家試験はこれをぜーーーーんぶラテン語と英語と日本語で覚えなきゃいけないんだって。
    今から少しずつやらなきゃいけないらしい。
    アナトミー。興味はあるんだけど。
    ちょっと見せてもらったけど・・・ぞっとするね。

    ヨガをやっていると今まで気づかなかったいろいろな体の感覚を知ることができる。
    心の感覚もそうかもしれない。
    最近ずーーーーっとヨガとはご無沙汰で。
    でもそれなりに自分としては体も心もリセットするような意味でよかったかもって思ってる。
    ヨガをやっていないと、自分の体や心や食欲や体重や、そんなものがどう変化するのか。
    またそれも新しい発見。

    だんなさんは1年生の間はまだそれほど専門的な事を勉強するわけではないらしく、
    ほとんど教養科目ばかりらしいんだけど、唯一、医学概論っていうクラスがあるらしい。

    教授たちが、いろいろ自分の経験や研究の中で得た知識や体験を発表してくれる授業らしいんだけど。
    この前だんなさんが少しだけクラスの内容を教えてくた。その時の内容は、
    ある病院で、知的障害を持った女の子が糖尿病になってしまって、食事療法で治療し始めたんだけど、糖尿病食でかなり規制して食事させているのにどんどんその女の子は太っていったらしい。
    両親も、医者もみんな不思議に思って、きっと知的障害があるから隠れて食べてるんじゃないかと疑ったらしい。
    何か月か経ち、その女の子は病院を変えたんだけど、次の病院では、あまりにも規制した食事では女の子がかわいそうだからって、好きなものを食べさせてあげるようにしたんだって。
    そしたらその女の子。不思議と痩せていったんだって。
    だから、その教授曰く。
    人間の体は数字だけではかれるものではないし、理論道理にいかない不思議なものなんだよって言ってたそうだ。

    確かにそうかもしれないね。
    一般的に体にいいと言われていることだって。無理して我慢してやってたんじゃ意味がない。
    煙草を吸ってたって長生きする人はする。
    過激なダイエットをするとコルチゾールっていうストレスホルモンが出て逆に太るって聞いたことあるし。
    ヨガだって、自分に極度のストレスかけてやってても間違った方法でやってても
    いい方向には進まない。でもその間違った方向へ進んでしまったところにもまた気づきがある。

    一生通して気づいていけばいいかも。
    あせらなくても、たまには全然アサナしなくても
    中には卒業しちゃう人もいるかもしれないけど、
    それでまた出会いがあってアサナ始めるかもしれないし、
    瞑想しだすかもしれないし。
    いろいろなアプローチがあって
    自分なりのライフスタイルに取り入れて
    それで人生が豊かになればなんて素晴らしいんだろうって思う。

    そんなことまで考えさせてくれる
    骨単・肉単でした。(うそっ)



    パソコンの調子がおかしい

    パソコンの調子がおかしくて・・
    鈍い動きをするパソコンと今日もにらめっこ。
    それでもアマゾンのショッピングは盛んでありまして
    相変わらずカートがいっぱいになっております。

    FIT FOR LIFE を読んでからは
    ナチュラルハイジーンが気になって気になって・・・


    こんな本を読んでおります。


    こんなのも。

    ワタシはいったい何処へ向かって走っていくのやら・・・

    LIVING FOOD



    こんな本も到着。

    写真がカラフルで。

    見ているだけで生活が

    色とりどりに彩られていく

    そんな気分に・・・

    (まだなにも始めてないのに)
    勝手になってた。

    RAW FOOD

    何ヶ月かに一度、
    発作のように本が大量に欲しくなる。
    ここ数日、風邪で寝込んでいるときに、
    足元の棚に置いてあるPCでついつい調べ物をしていたら
    アマゾンのカートがあっという間にいっぱいになってしまった。

    2万円弱の出費。金欠だっていうのに。

    そのうちの本の一冊、



    RAW FOODという言葉を始めて聞いたのは
    確か6年くらい前。
    RAW FOODのお店で働いているというアメリカ人の女の子が
    RAWのケーキを食べさせてくれた。
    めちゃまずい・・・

    でも味覚って面白いもので、はじめはまずい・・と思っていたものでも
    舌がなれるとおいしいと思えるようになることもある。
    オーガニックレストラン時代、
    初めてテンペを食べたときも、
    初めてキャロブチップブラウニーを食べたときも、
    なんじゃこれ~~~~~、まずぅぅ~~~っていう印象だったけど、
    オーガニックレストランに1年半もいる頃には、なくてはならない
    毎日でも食べたいって思うようになってた。
    味覚っておそろしぃ・・・
    今ではあの味がとても懐かしい。


    でも、何よりも最初が肝心。
    RAW FOOD。
    なんのこっちゃわからない当時のワタシは
    あ、ワタシには無理・・・
    とっさにそう思ってしまい、現在に至るまで特に興味をそそられることもなく
    なんとなく耳にするRAWなFOOD、くらいにしか思ってなかった。
    KENさんが以前RAWの事について話してたときも、
    吉川めいさんが実践していると聞いた時も
    あまりぴんとこなかった。
    ワタシの周りで今のところ実践している人は、いない。

    じゃあ、なぜ?
    んー、
    最近朝果物食べたり、生のサラダ食べたりしてたら
    自然に体の調子がいいような気がしたから。

    だからといって完全なRAW FOODIESTになろうという気はさらさらなく、
    ちょっと読んでみたかっただけ。
    (あ、ちなみにこの本はナチュラル・ハイジーンの話)

    あまり過激に走るのは好きじゃない。
    というか、無理がたたって体を壊すのがワタシの常だから。

    最近は、
    あるがままを受け入れる。
    無理をせず、高望みせず、
    自然体でいることが
    自分らしさかな、
    と思って。

    でもとりあえずせっかく買ったから
    (実践するかどうかは別として)
    読んでみる事にします。

    ヨガ本

    本を読むのは結構好きですが。
    最近読んでいるのはこちら。



    と、こちら。


    ヨガの原点に戻る…というより、
    やっとたどりついたか!!とでもいうのかな…

    バガヴァッドゥ・ギーターによりますと。
    ヨガとは苦しみと悲しみからの解放を意味する
    だってぇー。

    『絶え間なく起きる欲望から解放され、心が安定して・・・
    灯の火が風がなければ揺れないように、自己をコントロールできるヨギは、不安定な心と自我を鎮めることができ・・・
    理性で体験することのできない思慮の世界を超えた永遠の喜びを知ることができ・・・
    この喜びだけの世界が、ヨガの本当の状態なのである。』

    深い!!!!ふかすぎるぞーーー

    『働くことそのこと自体が働くことの恩典であり、あなたの特権なのであるから、けっして結果を求めるべきではない。・・・利己的な欲求をすてなければならないし、成功や失敗にこだわる心を持ってもならない。この心の安定がヨガの心である。』

    あと、こんなのも。

    『ヨガとは暴食することでも、極端に食を切りつめて飢え死にすることでもない。眠りすぎることでも、全く眠らないことでもなく、とらわれず、偏らず、バランスの取れた生き方をしなさいとの教えである。』

    こーゆーことを思いながら日々のプラクティスを通せる境地になりたいもんだ。

    あと、最近伊藤先生のブログを見させてもらってD・S語録を読み返したんだけど。

    (アーサナについて)人生には達成しないといけない物事がたくさんある。もちろん、競争しないといけないこともある。ヨーガくらいはそうしたことを気にせずに楽しみたい。ヨーガにおいて本当の意味での勝者は、限られた時間のプラクティスをどれだけ深く味わい、楽しめたかどうかによって決まる。アーサナの習熟度など関係ない。
     ヨーガのアーサナには完成はない。ちょうど、音楽家やアーティストの作品に完成がなく、一生をかけて洗練させていくようなもの。アシュタンガヨーガのアーサナ、ビンヤサも一生かけて少しずつ、忍耐強く洗練させていくもの。
    ・(よいヨーガのプラクティスとは?)「今日のヨガはどうだった?」と質問されたらどう答えるだろうか。「今日はよかった。なぜなら○○○」「今日はダメだった。なぜなら、○○○」とできた、あるいはその日できなかったアーサナ、ジャンプスルー、うまく手が組めたかどうかなどのリストが来るのではないか。でも、そんなことはヨーガとは関係ないこと。本当のヨーガにおいては、「今日の練習はうまくいった、なぜなら練習の途中に3呼吸の間、マインドが静まり、気がちることがなかった」といったようなコメントになるべき。ヨーガとは、内側を見つめること。もし外側にのみに捕われていたら器械体操と変わらなくなる。


    この辺すごーーーくいいなーーーー。(勝手に抜粋・・・)
    さすがキャリアが違う世界的インストラクターは言うことが超越してるぜっっ
    なんて思いながら、日々のプラクティス。
    最近ゆっくりと無理のない程度にマイソールクラスに出没。
    今朝のNYCも熱かった!!!!

    明日から伊藤先生のヨーガスートラの続きが始まるのが楽しみ。
    ギリギリの申し込みでなんとか滑り込む。
    スートラなぁ・・・最初だけいつも意気込むんだけど、いつも頭はちんぷんかんぷん。
    バガヴァッドゥ・ギーターも読んでてストーリーの部分は意味が分からなくなって、睡魔が襲う。
    それにしてもアイアンガー先生のアサナすげーーー。

    まあ無理なくゆっくり自分の出来る範囲でヨガしていこー。




    最近影響をうけている本



    ヨガではないですが...
    でもすごくおもしろい。
    結構好きな感覚。
    影響受けてるとか言って。
    だけどアサナは力入りまくりかも

    SEARCH

    RSSフィード















    R.A.W. raw food atelier woonin
    R.A.W.
    raw food atelier woonin

    白金高輪にあるローフードアトリエ。
    女性が輝くローフードTIPSを
    レクチャー&個人セッション

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。