PROFILE

yoccico

Author:yoccico
ローフード食材・オーガニック食材の
通販/卸売
LIVING LIFE MARKETPLACE
沖縄・ローフードカフェ
スムージー&ジュースバー
KARMA ORGANICS
を運営しています。

-Aloe barbadesis-
□ ユリ科 Liliaceae
□ アロエベラ、キュラソーアロエ
□ 抗ウィルス、胃粘膜保護など
□ アフリカ
品種が多く世界中で環境に適するように分布。ヨーロッパで好まれる。キダチアロエに比べ大きく育ち肉厚。
アロエ:苦いを意味する言葉

CALENDAR

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RECENT ENTRY + COMMENT

RAW

YOGA

ARCHIVE

  


「ALOEログ+ローフード」について

yoccicoです。

2008年7月から本格的にローフードを日常に取り入れるようになり、 身体の変化を感じながら、
ローフードクッキングの楽しさ、 ローフードの与える影響にすっかり虜になり、 2009年3月、
ローフード+オーガニック食材専門店 LIVING LIFE MARKETPLACE(販売・通販)
を設立しました。

まだまだ小さなお店ですが、ローカカオ[生カカオ]製品(ニブ、パウダー、バター)、
ローカシューナッツ(生)、デーツ、アガベネクター、
フラックスシード、ココナッツオイル(食用)などのローフード食材の通信販売をしています。
自分たちが本当に欲しいと思うもの、必要だと思うもの、
実際に味わい、安全でおいしいと思えるものを吟味して取り揃えていきたいと思います。
そして、日本国内、どこででもローフード食材が手に入るような、
そんな世の中になっていく環境作りに貢献できたらと思っています。
ローフード、ヨガ、沖縄に関する日記や、ローフードダイエットについて、
そして日々作った料理などをブログに 載せているので、
暇な時なんかにちら~っと遊びに来てくださいな。

yoccico自己紹介は → こちら

お店のサイトはこちら↓↓↓

ローフード+オーガニック食材専門店
LIVING LIFE MARKETPLACE

~ RAW FOOD & ORGANIC WEBSHOP ~

実店舗はこちらです↓
KARMA.png





✥✥✥ レシピブック発売記念。 ✥✥✥
無料クイック講座日程は → こちら


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

911 Tシャツ

911 T-shirt

きくちゆみさんから
911 Tシャツをいただきました。

旦那さんが、買いたいけどまだありますか?って聞いたら。
お礼に送ります。だって!
やった!!!!

「911の嘘をくずせ」
という、DVDも一緒に送ってくれました。

うーん。
奥が深いですね。

実はワタシ、大学卒業後
2001年5月から2003年6月までのおよそ2年間だけでしたが

一応、NYにいたので
911の真っ只中におりました。

思いのほか、アパートメント探しとルームメイト探しに
時間がかかったのでやっと落ち着いたのが2001年8月
さて、就職活動をしようと思って
スーツ着てレジメ持って
就活はじめたとたん、911でしたからね。

911直後は
就職戦線は大いに異常ありでして、
レジメ送ろうとも、インターン探そうとも
どこも門前払い。
ルームメイトは解雇されちゃうし、
やるせない切ない現実の訪れでした。

でも、スーツ着て就活。
当時はそれ自体、あまりやる気になれなかったワタシだったので・・・
いま考えれば良かったのかも!?
結局それがあったからこそ、
マクロビオティックのお店にたどり着いて
ヨガや食との出会いがあったわけでしたし。
もしそうじゃなかったら
どこかの高層ビルとかで
パソコンのキーボードとかパチパチうちながら
仕事でもしてたのでしょうか???
うーん、それもどうだか。


それにしても、
あの、911の当日はサブウェイも動いておらず、
身動きが取れない状況でした。
入居したてのアパートメントにはテレビもなく
情報すら入ってこない。
翌日サブウェイが動いていたので
ダウンタウンまで足を運んだけれど
あの、混沌とした街の光景は今でも
忘れられないですね。

あれがもし、
アメリカ政府による
自演自作だったとしたら・・・

とんでもない国ですね。

アメリカという国は軍事産業で儲けるために
わざと戦争をする国なんだって聞いたことはありますが。



そこまでやっちゃうんだ。


さて、真相は・・・


みなさんも、DVDを見る機会があれば
ご自分で判断してみてっください!
(少しでも興味のある方は是非見てくださいね!!)
日本語版プロデューサーのきくちゆみさんのブログはこちら




(ここから下は思い出写真↓)

M in NY7

これはワタシが住んでいたアパートメントから見える夜景。

懐かしくなって、載せちゃいました。



snow days5

この年は、やたらと雪の多い、とても寒い冬が訪れました。

左上に見えるのは

今はなき?旧ヤンキースタジアム。

夏になると、夜遅くまで歓声が聞こえてきました。

あの、アパートメントには

今は、誰が、住んでいるのかな。

 

 

 

 

 

 

 






読んでくれてありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリック、とっても励みになってます☆
もしよろしければ応援クリック。
今日もヨロシク↓雪の結晶05*TinderRed(白-薄い背景用) †SbWebs†
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

  • FC2 Ranking




     

  • スポンサーサイト

    ニューヨーク・スローライフ

    主婦になってからというもの、

    これといって日々大きなイベントごとがあるわけでもなく

    まいにちまいにち

    お料理を作ることくらいが楽しみになってきてる。

    だから・・・

    たいしたものはつくってないし、

    いつもあわてて撮る写真だけど。

    せっかくつくったし~と思ってちょっとだけブログにのせるようにしたりしてる。

    これがまた自己満足なんだけど

    けっこうな楽しみになったりもしてる。

    別にお料理にめざめたわけではありませんが・・・

    素敵なブログを発見したので

    紹介しちゃいます。

    ニューヨーク・スローライフ

    なんかなー

    こういう素敵なブログを見ていると。

    NYにまた住みたくなっちゃうよ。

    本も出るみたいです。

    必見!



    バスキア

    高校生くらいの頃だったか。

    映画バスキアを見て、
    退廃的な空気と街並みのNYという街。
    という勝手なイメージがワタシの中ですっかり湧き上がりこころ奪われた。
    (実際NYにはいろんな側面があったけど)

    才能溢れる若き気鋭の芸術家たちの荒んだ人生。
    そんな映画にすっかり魅せられた。幼かったからね。
    今でこそグラフィティアートにあまり興味をそそられなくはなったけど
    何も知らない当時のワタシにはささやかな憧れと衝撃を与えた。
    そんな映画。
    デヴィッド・ボウイがウォーホル。
    アメリカンポップアーティスト。


    アートに関しては・・・ほとんど何も知らないんだけど。
    SOHOやCHELSEAのギャラリーには時々行った。
    MOMAには何度も足を運んだ。

    アンディー・ウォーホルの個展に初めて行ったのは
    SOHOでやってた『THE LAST SUPPER』(最後の晩餐)
    二回行った。
    当時はNYのアーティストっていえば80年代のウォーホルとかくらいしか知らなかったから
    何はともあれ嬉しかった。

    andy w1 andy w2 andy w3 andy w4
    andy w8 andy w7 andy w5
    andy w6 andy w10
    andy w9
    こちらの写真はアンディー・ウォーホル『THE DRAWING』
    アップタウンの大きなビルの一角にある良くわかんない小さなギャラリーで
    やってた。ヴィレッジボイスで見つけて一人で行ってきた。
    あまりにもお客さんがいなかったものだから・・・
    ホントは写真を撮っちゃいけないんだけど
    警備員の目を盗んで勝手に撮った。

    これも今じゃいい思い出なだけなんだけどね。



    SOUEN

    WTCに飛行機二機が追突した時、
    ブロクンスのアパートにいた。
    地下で洗濯をしていた。
    やっと見つけたアパートに引っ越したばかりで、
    テレビも何も無い部屋には唯一電話だけつながっていて
    日本からの母親の電話でニュースを知った。
    「ニュースしらないの?そっちは大丈夫なの?」
    大丈夫もなにも...

    かろうじて地下鉄は走っていた。
    ダウンタウンへ行けば何か分かるかな、と思ったけど。
    街はパニックになっていた。
    14ST以下へは、IDが無いと行けなかった。
    かすかな砂塵が舞う中マスクをして歩いてる人が多かった。
    閑散とした街中で、スタバでコーヒーを飲んでいた。
    消防車が止まった。
    歓声が起こった。
    アメリカ人はヒーローが好きだ。
    そんな記憶が残っている。

    スーツを着て就職活動をしていた時期もあったけど、
    事件後のNYは景気もぱっとせず、就職活動しようにも、解雇される人材すら多い中、いろんな思いを抱きながらワタシは早々と就職活動を切り上げた。
    つなぎのアルバイトもしながら。
    最終的に気付いたらここで働いてた。
    植物に囲まれた、暖かい店内を窓から見ていた。
    飛び込みでレジメを持って。
    働けますか?って。
    すぐに採用が決まった。
    ビザもSSNも持っていたから話は早かった。

    CIMG0001.jpg CIMG0002.jpg


    メキシコ人、韓国人、日本人、チベット人、アメリカ人...
    いろんな人種、いろんなバックグランドを持った人たちが働いていた。
    俳優を目指している人、アーティスト、ダンサー、なんとなくNYにいる人、小説家になりたい人。
    客層も変わった人たちが多かった。
    糖尿病の人、拒食症の人、アレルギーの人、精神を患っている人、モデル、カメラマン、ビョーク(一回だけ来た!)、ヒッピー親子、ゲイのカップル、ヨガインストラクターetc...
    面白い人たちが世界中から集まってきた。
    戦争反対のデモの後にはいつも店は満席だった。
    そう、ブッシュは田舎で好かれ、都会で嫌われる。
    ワタシは、カウンターに座って、砂糖も卵も牛乳も使わないスコーンやクッキー、マフィンを並べていた。
    朝一番に鍵を開けて、シャッターを開けるんだけどいつもギターを持った若いホームレスのカップルがシャッターの前で寝ていて困った。
    レジのお金を下ろしてきたら、まず最初に番茶を入れるのが朝一番最初の仕事だった。

    お店にはいつもノラ・ジョーンズがかかっていた。
    ヘビープレイで。
    だからこの曲を聴くといつも思い出す。
    日本のようにお洒落でこぎれいじゃないけど、味のある店内はいつも不思議な雰囲気を醸し出していた。
    スコーンやマフィンは最高においしかった。

    人から見たら、何してんの。って思うような事かもしれないけど。
    でもこの時期、いろいろな事に出会って、挫折や別れを経験して、そこからまた這い上がって、いろいろな人に出会って、いろいろな刺激を受けて、いろいろな物を見て、今ある自分はあの頃に受けた影響が根底にすごくあって、そして今につながってるんだって思う。
    ルームメイトだったMとEにはとても感謝してる。
    思い出すとなんだか切ないなー。

    まさか、何年後かに。
    ヨガのインストラクターをしてるなんて思ってもみなかった。
    人生なにがあるか分からないし、どんな出会いがあるのか。
    まだまだこの先いろいろ楽しみですね。
    トラベラー的人生。いいね。
    ふと思いついたので、書いてみました。



    03' February in NY

    最近、なんか NYは記録的な冷夏を迎えてるって。
    ニュースで見た。
    気象が異常だね。
    地球はバランスとれてるのかな。

    写真をパソコンで整理していたら。
    こんな写真がでてきたので。


    この冬NYは記録的な大雪が降ったのでした。
    snoiwngSOHO1.jpg

    CIMG0003.jpg


    ここはSOHOデス。
    懐かしすぎてこんな写真も。
    髪が長いね。
    CIMG0004.jpg








    YOGINI Vol.12



    YOGINI Vol.12 つながりでのお話。

    昔働いてた、

    マクロビオティックレストランが

    載ってた!

    ワタシがいたのは。

    13st.の 

    素朴な方のお店。

    あのコロ一緒に働いてたみんなは。

    今 どこで 何をしているんだろう。





    音楽 in NY

    いつからか音楽は結構好きでいろいろ聴いています。レコードを集めるほどではないし、そんなに詳しくはありませんが。日本に帰ってきてから初めて就いたまともな職が某大手レコード店店員。World Music担当。Bossa, French, 民族音楽、レゲエ、サントラ、DVDとか、Koreaとかも。。占める割合が狭いので“村”って呼ばれてたけど。私はかなり気に入ってたんですけどぉ。コメント書いたりとかは面白かったけど、仕事覚えるのが遅くて上司には迷惑をかけました、今更だけどごめんなぁさぃ。しかも、一ヶ月ちょっとでやめちゃった…。(嫌だったからじゃなくて…。母親が倒れて家事をすることになったため…とほほでした)

    JAZZ in NY
    JAZZは全然詳しくありませんが、NYにいた時は時々聴きに行ったりしていました。何処がよかったって、やっぱりハ~レムでしょうか。私が行ったことあるのは、ST.NICK'S PUBだったかなぁ…LENOX LOUNGEだったかも。よく覚えてないや。しかも12時過ぎたあたりからがホントに面白かったです。地元のJAZZ好きが集まってきて、朝まで盛り上がります。でもちょっと危ないのかなぁ。土地勘があるならいいけど、さすがに帰りは疲れていたのもあってタクシーで帰りました。 Village Vanguradとかにも聴きに行ったけど、その時は日本人観光客の団体しかいなくて…なんだかイマイチでした。あとは、SMALL。ほんっとに小さくて、出演者と客席の間隔がほとんど無い。弟が遊びにきた時、大雪の夜に連れて行ってあげた。ちょっと、セレブなカンジで、SOHOにあるJAZZ BAR カヴェバ(KAVEVA?忘れた…APCの近く)も雰囲気が良かったかな。ワインやコスモポリタンでも飲みながらが似合う感じ。番外編で友達が音楽学校でJAZZ BASSを勉強していたから、それの発表会。一応発表会当日はプロが参加してくれるらしいので、それなりに聴けるようになってるんだって言ってた。親にでもなった気分でちょっぴりじんわり。友達がハーレムのゴスペルは良かったって言ってたけど、行っときゃよかったぁって今更ながら後悔。

    CLUB in NY
    NYに行ったばかりのころ小さなクラブにはいろいろ行ってたけど、初めて行った大箱in NYはVIYNL。日本でもお馴染みBody&Soul in NY。
    当時はまだ友達だった現恋人のM氏がNYに来た時に2人で遊びに行きました。途中でARCっていう名前に変わってしまっていたけど。ホームページ見たらClosedってなってたから…今はどうなっちゃったかな。
    当時伝説のクラブって言われてたTwiloは私がいた時もうすでに閉鎖してしまってました。
    そこを皮切りにとにかくいろいろなところへ音楽を聴きに行きました。超メジャーどころのChemical BrothersUnderworldでもチケットは$40くらいだったような気がする。高いのか安いのか良くわかんないけど。Ken Ishiiなんかは$15くらいでした。ジャンルは違うケドSonic Youthだって$10くらいでライブやってました。私は行かなかったけど。
    とにかく、大小関わらず毎晩いろいろなイベントが行われてて、週末にはいろいろなパーティーが行われていた。時にはブルックリンの巨大なガラス張りのロフトで朝日が昇るのを待ちながら音楽に浸ったり。有名な巨大な大箱よりもそっちの方が面白かったりする。音楽イベントをやるためにロフトスペースを改造してパフォーマンススペースを作ってそこに住んでる人達もいました。そこで聴いたアフロビートはなかなか良かった。ストリートでジャンベ叩いて稼いでる知り合いもいた。思い出深いのが、仕事帰りに出くわした地下鉄のホームでアコーディオンを弾いてるおじいちゃん。あまりにも切ない音色が地下鉄に響いていたので反対側のホームだったけどわざわざチップをあげに行ったら“Thank you”って喜んでくれた。あとは、レイブなんかもマンハッタンを外れてアップステイトの方に行くといっぱい行われているみたい。何とかパレードだとか、あとなんとかアイランドに行ってもいろいろあるみたい。APTもOpen AirもHalcyon(ここもclose)も、小さくてもお洒落で人が集まるクラブはいろいろあった。とりあえずvillage voiceを見ればとにかく沢山の情報が得られる。後は人伝えにいろいろ情報を収集すると面白いイベントを教えてもらえたりする。きっと音楽好きな人にとってはたまらないですね。

    実験音楽・ミニマル in NY
    私がNYにいた時には行かなかったんだけど(行きたかった!)、帰ってきてから友達が教えてくれた。TONIC。ここに行けば毎晩実験的な、音楽ともいえないような不思議な“音”が聴けると。あと、これもまた聞いた話なんだけど、Ryoji Ikedaが洞窟でイベントやってたとか。さすが…
    ブルックリンにあるBAMではいろいろな面白いイベントがある。チケットをもらったのでMark Morrisの『The Hard Nuts』を見に行ったけど、素晴らしかった。あのSteve Reichもパフォーマンスをしにきたって。これもまた私が帰ってきてから、友達が行ったよーって教えてくれた…
    Philip GlassもどっかのBar?Pub?なんかに私服で来て適当にピアノ弾いて帰ってっちゃったりとか、これも聞いた話ですが…聴けなかった、残念残念。。

    クラシカル in NY
    バイオリンやピアノ音とかは好きだけど、クラシックについてはぜーーーんぜんわかんなくてとりあえずカーネギーホールFUJIKO HEMMINGが来たから聴きに行ったら、お客はほとんど日本人だった。なーんだ。でも、音響はかなり良かった。
    やっぱり日本人アーティストは日本人の集客力が強いのかな。
    とりあえず名前の知られてるDJ KRUSHSatoshi TomiieもNYでプレイはするけど、あと、Monday Michiruとかもみーんな、日本人のお客が多いって。そうだよね。日本人だもん。
    ryoji ikedaはどうなんだろう。ターゲットが狭いからそうでもないのかな。
    あと、よくルームメイトがオペラを聴きに行ってた。一度くらい行ってみたかったな。

    たった2年いただけでも、まあまあいろいろ音楽に触れる事ができたからきっともっと長くいたもっともっといろんな音楽に触れる事ができたのかな。長くいたらいたでそうでもないのかなぁ。
    その人次第、かな。

    今はクラブにもライブにも音楽イベントにも全然行ってません。
    行くのはNYCのみ。今の私にとっては最大の、最高のイベント。笑
    最近の音楽はぜんっぜんわっかんないので、音楽詳しい人、音楽好きな人、面白い音あったら教えてくださーーい☆
    あと、NYの情報もね♪

    オーガニック食材屋

    PICT0169.jpgDean&DeLuca いつもここを通って出勤?します。NY SOHOから始まった高級食材店の草分け的存在。数年前に東京に進出して拡大してますねぇ。名古屋にもようやく…。SOHOのお店は良く行きました。Rockefeller Center Café、University Place Caféにもよく行きました。NYにいた頃はよく食材屋めぐりやカフェめぐり、古本屋など、ありとあらゆる店舗めぐりをしていました。空いた時間を見つけては2本の足でマンハッタン中(時にはブルックリ~ン)をかけずり回っていました。おいしいコーヒーとクロワッサンを求めてSABWAYを乗り継ぎ、どこまでもどこまでも行きました。
    限られた時間の中で、できる限りたくさんのものを見て、感じて、毎日をクリエイティブに生きる。そういう思いでとにかくいろいろな所に行きました。
    NYにはオーガニック食材屋がいたるところにあります。Garden of Eden, Healthy Pleasure, Rhym Time...ワタシの知らないお店がまだまだたくさんありそうです。そしてまだまだこれからもたくさんできていくんだろうな。(ただ、Healthy Pleasure は数年前に普通のCHICKENをオーガニックだとして売っていたといって問題になっていましたが…)
    特に大好きでよく行ったのはWhole Foods Market。こちらは高級オーガニックです。テキサスはオースティンから始まり(元々はヒッピーたちが始めましたー、<David Swenson のAshtanga Yoga Productionもテキサス、オースティン!>)、NYにはChelseaに初出店。とにかくセレクト、陳列、店員、どれをとってもお洒落で洗練されています。みせかけのオーガニックではなく、ベジタリアンがベジタリアン料理を作ったり、生活するための必需品がきちんとそろえてあります。クロスマーチャンダイジングもかなりのレベルの高さで目を見張るものがあります。アメリカではかなりの店舗規模で拡大していっており、イギリス?にも進出しています。日本にもそのうち…?なんじゃないでしょうか。
    あと、大好きでよく足を運んだのが、Union SQ.で毎週木曜日の朝?だったかな。いわゆる朝市です。農家の人たちがやってきて、青空市場みたいに。Farmer's Mart。Green Marketって言ってた人もいた。晴れた日にはバンドがブルースやジャズを演奏してくれて、ほんとに時間を錯覚するような穏やかな陽気につつまれた演出で生産農家の人たちとやりとりをして買い物をすることができます。
    番外編として、Chelseaの週末フリーマーケットにもよく行きました。ガラクタのような沢山の品物のなかから、自分だけの掘り出し物を見つける。味のある椅子や机や楽器やレコード…
    懐かしい、あの感覚。音楽やアートやオーガニックに溢れたあの生活。
    名古屋でもそんな毎日が暮らせるかな。
    どこにいてもどんな状況でも、自分次第。ですネ。

    そうそう、昨年10月にサンフランシスコ&ラスベガスへスーパーの企業視察へ行ってきました。父が食品関係の仕事をしているので…通訳という名目で。。お役に立てたかどうかは別として、レポートだけはしっかり書いたので、また時間のある時にブログでも紹介したいと思います。

    食へのコダワリ

    食に関するこだわり...ってところで思い出したことがる。
    4、5年前にUnion SQ.にあるマクロビオティックのレストランで働いていた時。時々立ち寄る日本人のモデルのE。いわゆるサブカル系?の若い女性誌のカリスマ的存在?だったと思うのですが…

    彼女はNYに来る時は必ずお店に顔を出してくれていたそうです。ワタシは4、5回くらいしか見たことないけど。彼女の食事はすごかった。Planet Platterっていう完全ベジタリアンのかなりストイックなメニューがあったんだけど、彼女はいつも来るとそれを頼んで、しかもNo Rice, No Beansで。量はまあまあ食べていたんだけど、穀物はいっさい食べないのでしょうか。野菜しか食べないんですかぁーって聞いたら、朝はそうでもないけどーって言ってました。コラム読んでますーって言ったら、チップをたくさんくれた。そんな彼女が印象的だった。

    彼女はとても細くて個性的で、そんな華奢な体のどこからみなぎるパワーやオーラが出ているのかって思うくらい。エキゾチックな顔立ちでとても奇麗で…

    でも彼女、突然亡くなってしまったんです。まだ若かった。
    あまりにも突然に。オーバードーズだとか何だとかいろいろな憶測が飛び交うメディア。そりゃそっちの方が話題性があるし。でも結局死因は膠原病によるものだったそうです。膠原病って何千人?何万人?に1人って言われている難病。その理由が食生活によるものなのか、彼女の特異なカリスマとしての運命だったのか。それは良く分かりませんが。精一杯力強く、負の要素を抱えながらモデルとしての生き様を選んだ彼女。きっと生きていたら彼女は世界中を旅しながら今でも情報を発信し続けていたのでしょう。

    要は極端に走り過ぎてはいけないってことよね。ということが伝えたかったのデスが…痩せたい、奇麗になりたいとかで、拒食や過食に走ってしまう女性もいるかもしれません。
    関連性があるかどうかは別として、思い出したので書いてみました。


    “ヨーギは節度を持って控えめに食べること。さもなければ、どんなに利口でも成功は得られない。”--Sivs Samhita

    “身体を維持するのに必要な分量だけ食べ肉体に不必要な享楽的な物を欲さないことがアパリグラハ(非所有)です”--『ヨガ・マーラ―アシュタンガ・ヨガの実践と哲学』より。

    ヨガは食べ過ぎる人の為でも全く食べない人の為のものでもない。--どこかで聞いた言葉です。

    SEARCH

    RSSフィード















    R.A.W. raw food atelier woonin
    R.A.W.
    raw food atelier woonin

    白金高輪にあるローフードアトリエ。
    女性が輝くローフードTIPSを
    レクチャー&個人セッション

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。