FC2ブログ

PROFILE

yoccico

Author:yoccico
ローフード食材・オーガニック食材の
通販/卸売
LIVING LIFE MARKETPLACE
沖縄・ローフードカフェ
スムージー&ジュースバー
KARMA ORGANICS
を運営しています。

-Aloe barbadesis-
□ ユリ科 Liliaceae
□ アロエベラ、キュラソーアロエ
□ 抗ウィルス、胃粘膜保護など
□ アフリカ
品種が多く世界中で環境に適するように分布。ヨーロッパで好まれる。キダチアロエに比べ大きく育ち肉厚。
アロエ:苦いを意味する言葉

CALENDAR

05 ≪│2007/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RECENT ENTRY + COMMENT

RAW

YOGA

ARCHIVE

  


「ALOEログ+ローフード」について

yoccicoです。

2008年7月から本格的にローフードを日常に取り入れるようになり、 身体の変化を感じながら、
ローフードクッキングの楽しさ、 ローフードの与える影響にすっかり虜になり、 2009年3月、
ローフード+オーガニック食材専門店 LIVING LIFE MARKETPLACE(販売・通販)
を設立しました。

まだまだ小さなお店ですが、ローカカオ[生カカオ]製品(ニブ、パウダー、バター)、
ローカシューナッツ(生)、デーツ、アガベネクター、
フラックスシード、ココナッツオイル(食用)などのローフード食材の通信販売をしています。
自分たちが本当に欲しいと思うもの、必要だと思うもの、
実際に味わい、安全でおいしいと思えるものを吟味して取り揃えていきたいと思います。
そして、日本国内、どこででもローフード食材が手に入るような、
そんな世の中になっていく環境作りに貢献できたらと思っています。
ローフード、ヨガ、沖縄に関する日記や、ローフードダイエットについて、
そして日々作った料理などをブログに 載せているので、
暇な時なんかにちら~っと遊びに来てくださいな。

yoccico自己紹介は → こちら

お店のサイトはこちら↓↓↓

ローフード+オーガニック食材専門店
LIVING LIFE MARKETPLACE

~ RAW FOOD & ORGANIC WEBSHOP ~

実店舗はこちらです↓
KARMA.png





✥✥✥ レシピブック発売記念。 ✥✥✥
無料クイック講座日程は → こちら


ガーデンに関する映画 その2



内容は…普通の恋愛映画ですが。

中学生の時に初めて見て。

NYに漠然とした憧れを抱くようになったきっかけになった。

そんな数ある映画のうちの1つです。

そして私が目にしたNYに限りなく近い。

そんな映画。

温室がステキです。

主人公の職業はガーデナーです。



スポンサーサイト



ガーデンに関する映画 その1

『空中庭園』見ました。

キョンキョンが…女優でした。

映画『アメリカン・ビューティー』的な。ん?

ガーデンはあまり出てこなかったけど。

キャスティングが面白かったです。

確か監督は大麻?覚醒剤?で捕まってましたね…



サントラもよさげ。

原作もどうなんでしょ。




好き嫌いが分かれそう。

ガーデンをもっと…

みたかった。


メンバーズレポート NO.4 NO.5 

NYCブログにて更新してます。

今回は鎌倉さんのご登場!!もう是非是非でたい!!ってとってもうれしいことを言ってくれた良きTTC同期生。いつもブログでもコメントをくれるにぎやかでとっても面白い方です。
彼女はフィットネスの分野ではかなりのベテランです。そしてもうヨガもスポーツクラブにて教えていらっしゃいます。一度クラス受けてみたいーーー。

熊谷さんは毎週木曜日の夜に来てくれる常連さん。
NYCにはめずらしい???花のOL風?の彼女。
相方→メンバーズレポートNO.2と一緒にとても頑張っています。
2人のビンヤサはここのところみるみる見違えてきました!!
とっても嬉しいーーー
これからもクラスにちょっとずつ変化?つけながら楽しんでいきましょーーー

バジル収穫と料理


トマトスライス~~~


 PICT0841.jpg



春にバジルの種を植えて → 間引き → そして収穫


20070619150500.jpg



バジルの料理いろいろ 全部同じような味になってしまった。


 トマトスライス + バジルのシンプルドレッシング、
トマトとバジルの冷製パスタ、
たこときゅうりのサラダ + バジルの自家製ドレッシングワサビ醤油風味。


20070619150517.jpg


きゅうりはM氏自家製栽培。
スーパーで3本88円で売っているのを見て(買うとこんなに安いの…?って)嘆いていたケド。。


 

アシュタンガとケガ その1


ジョン・スコット アシュタンガ・ヨーガ』 より

アーサナを行なう際は、自分の身体能力の限界に注意しなければなりません。
どんな時でも、無理に動かしたり伸ばしたりして体を痛めてはいけません。

アーサナの練習を始めると、何かひとつのポーズをとることの難しさにいらだちを感じる瞬間が必ずあります。

ひとつ間違えば体を傷つけかねない難しいポーズは、暴力によらず、注意を払い、愛を持ってするという、自分の体とのかかわり方を教えるためにあるのです。

自分自身とその上達の程度に対して率直でないといけません。

やっきになって先に進もうとせず、自分が今いる位置を受け入れることが大切です。

アーサナを行なうには真剣さと修練と熱意が必要ですが、無理は禁物です。

ヨーガのアーサナは、人と競ってするのもではありません。

周りの人に目を向けるのはヒントを得るためであって、評価を下したり優劣を判断したりするためではありません。

アーサナに関していえば、からだを健康に保つのに必要なだけ行なうほうが、上ばかり見て無理するよりもよいのです。

ヤーマの道徳律は「進歩への執着」を捨て、自然な進歩にまかせるにはどうしたらよいかを教えてくれます。

もし何からの理由で負担が大きくなったなら、状況の変化に従いましょう。

状況が変わる前にできたことをやり続けないといけないと思わなくていいのです。

時には後退が前進なのです。



怪我をしたときはこれを何度も思い浮かべて。。
こうやって言えるってことは、ジョン・スコットもこういう経験をしたことがあるってことなのかな…この本はすべての経験をシェアするために書かれているような気がします。
時には休憩することもヨガを学ぶうえでのひとつの修練なのかもしれません。
だって…練習休むのって、早起きする事よりも何倍もつらい…

SHEILA という友達


久しぶりにSHEILAからメイルがあった。

学生の頃、初めてNYに遊びに行ったとき、泊めてくれたのが彼女。
それから随分と時間は経つけれど、なんだかんだで繋がっている。

彼女はタイ人とインド人のハーフで私と同い年。
アメリカで育ってるんだけど、英語以外に他の言語も話すらしいが何語かはよく知らない。

彼女はDANというアメリカ人と昔付き合っていた。
DANにもいろいろお世話になった。
でも彼女はMATTEWというアメリカ人と今付き合っている。
彼の仕事の関係でまたカリフォルニアに戻るらしい。

時間の流れと共にお互いの状況も少しずつ変化している。

彼女のお父さんは去年突然なくなった。
彼はインドとカリフォルニアにてハイポセラピー?の学校をやっている方だったらしい。
http://www.sunnysatin.com/

彼女はクリスタルを取り扱う仕事を現在している。
www.idigcrystals


彼女にはかれこれ4年以上会っていない。

でもとてもお世話になった子。

泊めてくれた、パーティーに誘ってくれた、一緒にミュージアムに行った。クラブに行った。ご飯を食べに行った。ご飯を食べに来てくれた。YOGAスタジオにも行った。弟や友達にとても良くしてくれた。

また今度会えるのはいつになるだろう。



ジバムクティヨガワークショップ

PICT0820.jpg PICT0829.jpg PICT0828.jpg PICT0827.jpg
PICT0818.jpg PICT0822.jpg PICT0823.jpg
PICT0810.jpg PICT0811.jpg PICT0812.jpg

行ってきました。
ジバムクティヨガワークショップ。
デヴィッド・ライフ シャロン・ギャノン ダンカン・ウォン ゴビンダ・カイ…そうそうたるメンバーが集いました。
ちゃまさんもいらしてました。

ワタシは、実はヨーガスートラ定例研究会が重なっていたので、本当はスートラが終わってから途中参加しようと思っていたのですが。

いろいろご縁がありまして、少々ワークショップのお手伝いをさせていただくことになりまして。。
ホントはお掃除程度のお手伝いだったのが、前日突然電話がかかってきて、ゴビンダを空港まで迎えにいってくれ。と。

何やら突然決まったみたいです。
飛行機の便やら時間やらいろいろ調べさせられまして。
で、行ってきました。セントレアまで。
ゴビンダさんをお迎えに。
ちゃんと分かりやすいようにプレートを持って待っていてくれとのご要望だったので。急いでこんなのまで作っちゃいました。
PICT0809.jpg

セントレアからマナハウスまでの間いろいろお話しさせていただきました。
何処で英語を勉強したの?という話しから、NYのこと、ヨガのこと、家族のこと、食べ物のこと、旅のこと…そして話がアシュタンガに及ぶと…
ちゃっかり私はNYCのことお知らせしておきました。
興味深そうに、誰が教えているの?何人くらいクラスに来るの?など。
聞いていましたよ!!!!
私は左手首を痛めているので今練習を休んでいるんだーって言ったら、休む必要ないよっ。僕も右手首が痛いょ。と。あっさり言われちゃいました。
NYの話でもいろいろ盛り上がりました。私が働いていたオーガニックレストランの話をすると、あそこでよくごぼうを食べたよ。と言っていました。そう、NYに住むベジタリアンならたいていの人が知っているんじゃないかな。あそこは。

ゴビンダさんはワークショップが始まる前数分間、デヴィッドとシャロンについてのスピーチをするためだけに、わざわざ名古屋に来たそうです。彼らにとてもお世話になっていたのでしょうか。とても大切な人たちなんだ。って。尊敬の意をこめておっしゃっていました。

スピーチ後すぐに新幹線で東京へ。
新幹線乗り場まで一緒に行って、チケットを買って送り出すまでが私の役目。
帰りのタクシーの中、NYCについて聞かれました。
もし良ければ、僕がマイソールのクラスを教えに行くよ。と。
2,3週間とってくれれば何処でも行けるよ。
オーナーにメイルをくれと言っておいてと。
アドレスはハレィに聞いてくれと。
(ハレィさん、忙しい方なので…はたして連絡が取れるかどうか…)
ちょっと、実現したら嬉しくありませんか?
ゴビンダがNYCでマイソールクラス!!!!
SEISHINさん、REEさん、どうなんでしょうか!!!!

どうやら名古屋はGOOD FEELINGだそうですよ。
帰りは夕立。モンスーンはGOOD FORTUNE だって。
ヨガとメイさんをこよなく愛する、とても穏やかで真っ直ぐで気さくな方でした。

と、言うわけでワークショップはほとんど受けられませんでした…

途中から参加したものの、手首はまだ怖いし、最近練習できていないし、足の付け根も違和感あるし、なんだか体調優れず、ほとんどアサナしてませんでした。なんだかだらだらやってる子がいるなぁーって思われてたかしら。。

でも、アヒムサーな食事はここぞとばかりにもりもり食べていました。
おいしかった♪

ジバムクティでは最も重要とするのはアサナとアヒムサーだって、シャロンが断言していました。
デヴィッド・ライフは超細かった。
ダンカンのアジャストは溢れんばかりの表現力?でした。


なんだか良い風が、名古屋にも流れ込んできているかもしれませんね。




接骨院

接骨院に行ってきました。

我が家ご推薦の近所の接骨院。
治りかけた手首のメンテナンスに。
そして以前から、良くなったり悪くなったりの繰り返しで痛みが気になっていた足の付け根、裏側の腿も見てもらおうと思って。

あらあら、びっくり。接骨院ってすごい?んですね。
ちょっと手首や体を見てもらっただけで何処を傷めてて、背骨のねじれや骨盤のゆがみ、立ち方歩き方の癖まで、何処を傷めやすくて、ここは痛くなったこと無い?みたいなこと。あれよあれよと言い当ててくれました。

整形外科で診断された…疲労骨折がどうのこうの。。
近いからという理由で行った整形外科だったんですが、よく考えたらリウマチ専門医のお医者!!!!絶対リウマチじゃないって分かってるのに、そんなところに行った自分があほたれでしたね…専門分野があるということ。それは絶対に無視できない事実ですね。

そして世の中、医療格差も否めません。

優秀なお医者様や、接骨院、整体師、カイロなどなど。体を扱う分野はいろいろだと思うけれど。出会う方々によってかなりの違いがあるのかも知れません。
ヨガインストラクターももしかしたら、そういうことなのかもしれません。
しっかり練習して、休むときは休んで、そしてしっかり勉強して、沢山の経験をつんで、少しずついいレッスンを、インストラクターとしての資質をあげていかなくてはいけないですね。
そしてそれぞれの分野、それぞれ必要だからこそ世の中に存在するのであって、それを上手に使い分けていくことも大切なのかもしれませんね。

筋肉って思っている以上にデリケートだし、ましてやアウターもインナーもマッスル体質からは程遠く、筋繊維とかも元々細くて強くない自分がアシュタンガをやろうと思ったら、思ってる以上に繊細にやさしく見守りながら進めていかなきゃいけないということにも気づかされます。

ヨガは元々、ちゃんとグルについて勉強する。そういわれている意味がよくわかります。

それでもアシュタンガをはじめて、本当にすごく変わった自分もいるし。
人間の計り知れない能力や回復力、自然治癒力も信じてやまない自分です。

しばらく、いろいろな勉強にもなるかもしれないし体のメンテナンスにもなるような気がするので、接骨院、通ってみようかと思いました。

左手首。

やっちゃいました。

左手首負傷…
2週間くらい前からバックベンドのときになーんか左手首がちょっと痛いなーと思って、サポーターしてたんですが。
アナトミークラスのときにあ、ちょっと良くなったと思ってたのにも関わらず。
数日前、ティティバーサナで思いきりすこーーんって親指側の手首のくぼみに全体重がかかって、ずきずき痛みます。
長引くとコワいのでお医者に行ったら、なかなか見落としがちな珍しい骨を痛めてるねー、疲労骨折するといけないから安静に。。と言われて包帯ぐるぐる巻かれてしまいました。プロ野球選手の松井だって負傷したときは安静にしてるでしょっ。体を持ち上げたりしてたらなおんないよー。って。

手首を傷めるのは初めてのこと。焦ります。
でも、手首負傷経験者は結構いるんですね。
いろいろなアドバイスをいただきました。
そう、ヨガで怪我をするのは本来間違っている。
でも、怪我をすることでいろいろなことに気づかせてもらえます。

自分の体の癖。動き方の癖。弱いところ。強くしなきゃいけないところ。練習を続ければ続けるほど、自分の体の特徴に気づいていきます。難しいアサナができるとかできないとかそういうことよりも、身体的特徴によってどんなアサナが苦手で、どういうからだの使い方が必要なのかということに少しずつ気づいていきます。元々身体能力や運動能力が高くない自分だからこそ余計に気づくことも多いです。だと思います。
そして、自分に優しく、人にも優しく。
思うに、気持ちが弱っている時や攻撃的になっているときに体を痛めてしまうことが多いようなきがします。
そういうところにやっぱり、月との関わりも感じてしまいます。
怪我をしても、淡々と自分の体と心を観察しながら無理をせず練習を続けていけたらな、と思います。

でもとりあえず、痛いの治さなきゃだから練習は自粛しますっっ。


SEARCH

RSSフィード















R.A.W. raw food atelier woonin
R.A.W.
raw food atelier woonin

白金高輪にあるローフードアトリエ。
女性が輝くローフードTIPSを
レクチャー&個人セッション