PROFILE

yoccico

Author:yoccico
ローフード食材・オーガニック食材の
通販/卸売
LIVING LIFE MARKETPLACE
沖縄・ローフードカフェ
スムージー&ジュースバー
KARMA ORGANICS
を運営しています。

-Aloe barbadesis-
□ ユリ科 Liliaceae
□ アロエベラ、キュラソーアロエ
□ 抗ウィルス、胃粘膜保護など
□ アフリカ
品種が多く世界中で環境に適するように分布。ヨーロッパで好まれる。キダチアロエに比べ大きく育ち肉厚。
アロエ:苦いを意味する言葉

CALENDAR

05 ≪│2008/06│≫ 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

RECENT ENTRY + COMMENT

RAW

YOGA

ARCHIVE

  


「ALOEログ+ローフード」について

yoccicoです。

2008年7月から本格的にローフードを日常に取り入れるようになり、 身体の変化を感じながら、
ローフードクッキングの楽しさ、 ローフードの与える影響にすっかり虜になり、 2009年3月、
ローフード+オーガニック食材専門店 LIVING LIFE MARKETPLACE(販売・通販)
を設立しました。

まだまだ小さなお店ですが、ローカカオ[生カカオ]製品(ニブ、パウダー、バター)、
ローカシューナッツ(生)、デーツ、アガベネクター、
フラックスシード、ココナッツオイル(食用)などのローフード食材の通信販売をしています。
自分たちが本当に欲しいと思うもの、必要だと思うもの、
実際に味わい、安全でおいしいと思えるものを吟味して取り揃えていきたいと思います。
そして、日本国内、どこででもローフード食材が手に入るような、
そんな世の中になっていく環境作りに貢献できたらと思っています。
ローフード、ヨガ、沖縄に関する日記や、ローフードダイエットについて、
そして日々作った料理などをブログに 載せているので、
暇な時なんかにちら~っと遊びに来てくださいな。

yoccico自己紹介は → こちら

お店のサイトはこちら↓↓↓

ローフード+オーガニック食材専門店
LIVING LIFE MARKETPLACE

~ RAW FOOD & ORGANIC WEBSHOP ~

実店舗はこちらです↓
KARMA.png





✥✥✥ レシピブック発売記念。 ✥✥✥
無料クイック講座日程は → こちら


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精進みそラーメン

215.jpg

 

213.jpg




つくってみました。

精進みそラーメン。

植物性のみ。

こちらの本から。


ベジタリアンにはおなじみかしら。

以前立ち読みして、なんとなくレシピ覚えてたから作ってみたけど。

なんか、みそラーメンっぽくて、ワタシ的にはよかった。

ラーメン好きの人にとってはものたりないのかなぁ。

もやしをたっぷりのせてみました。



こちらの本は持ってて、時々参考にします。

いろんなレシピが載ってておもしろーい。





スポンサーサイト

次に最近読んだ本



高校、大学と生物を勉強したことのない旦那さんが
生物入門の書として購入して読んでいた。
理系科目にはさっぱり興味が持てない私であるけれど、
おもしろかったから読んでみれば?の一言で読んでみることにした。
果たして理系アレルギーの私が読みとおせるのかしら…

読み始めればテンポよい文章に一気に引き込まれあっという間に読み上げた。
本当に頭のいい人というのは、何をやらせてもそつなくこなしてしまうものなのかもしれないんだなー。

推理小説の謎を解き明かすかのように、医学界で起こるさまざまなエピソードをまじえつつ、「生命とはなにか」に対する著者自身の研究の日々と思索にふけった末の著者なりの答えを導き出していく。

時折出てきた、NYの描写が実にすばらしい。理系的観測。でも、どこか文学的。
NYの町並みが脳裏に浮かぶ。

これだけ複雑な内容をよくもまあ私のようなど素人にでもわかりやすいように一冊の本にまとめたものだなぁと、著者の文書力は驚愕に値する。

要は、DNAから派生する生命に関するお話です。

- 動的平衡 -

わかりやすいところを例に出すと、半年振りに知人に会ったとして「お変わりありませんね」という挨拶をしたとしても分子のレベルではお変わりまくりなのらしい。
まあ、詳しい内容は書きたかったとしてもワタシの頭のレベルじゃ書けません。


最終的に著者がたどり着いた感嘆すべき生命の素晴らしさと、
研究の末に明らかにできたこと。

最後、エピローグに結ぶ少年時代の回想と生物学者であるが所以に皮肉ながらにも思い知らされる意味深な結論が、またとても素晴らしい。


傑作でした。







『森の生活』

最近読んでいる本。

H.D.ソロー 

 

この本を手にするまでは名前すら聞いたことがなかった。
しかもブックオフの100円コーナーで…

その中の記述から



生活がいくらみじめであろうと、そこから顔をそむけたりはせず、ありのままに生きることだ。自分の生活を避けたり罵倒したりしてはいけない。それだって当人ほどはわるくないのだから。生活は、諸君がいちばん富んでいるときにいちばん貧しくみえるものだ。粗探し屋は天国にだって粗を見つける。貧しくても、生活を愛したまえ。救貧院にはいっていようと、楽しくて胸のときめく、すばらしい時間はあるだろう。落日は金持ちの邸宅の窓だけではなく、養老院の窓からも、おなじようにあかあかと照り返る。春がくれば、雪はおなじようにはやばやとドアの前で溶ける。おだやかな心の持ち主なら、そういう場所に住んでいても、宮殿にいるのと変わらない満足感や、ひとを奮い立たせる思想をいだきながら生きていけるであろう・・・


「汝の視力を内部に向けよ。やがてそこには、今だ発見されざる、千もの領域が見つかるだろう。その世界を経巡り、身近な宇宙地理学の最高権威者となれ」

さまざまな聖典や古典文学からの引用が多い著者は「ヴァガバッド・ギーター」の愛読者でもあったようです。

暖かな気候の中で少し緩んだ生活が始まると、厳しい冬に立ち向かう、四季折々の生活にあこがれることもしばしあります。

そして、

人生をどう生きるべきか・・・

森の生活を通して哲学的な部分も垣間見る傑作であると思い、ます。




梅雨明け

梅雨が明けた。

梅雨があけると空気ががらりと変わると誰かが教えてくれた。

今年の梅雨は最短&最少の雨量だったらしい。

毎朝、7時半頃にはリージョンゲートを超えて基地内に入る。

まだ仮のA4サイズのベースパスと裏書きされた免許書を見せて、ゲートを通る。名前は裏です。最近の決まり文句だ。

リージョンゲートは小高い丘にでもあるかのように、ゲートを超えるとなだらかな斜面が続き、目の前には変わり映えのしない無機質でアメリカ的な作りのだだっ広いだけのベースがずっと続く。そこから見下ろすように、高層ビルなどはない少しさびれた平坦な町並みが広がり、その向こうに真っ青に色塗られた海がくっきりと見える。梅雨空は、その海が雲で覆われてどんよりと薄暗く、見え隠れしていた。

梅雨が明ければ空気が変わる。
紺碧の海が目の前に広がる。

そして空が高く、雲とともに絵にでも描いたかのように、それぞれがそれぞれの相容れない調和を保つよう役割を果たし、完璧なまでに美しい…とまでは言えないにしても、そんな景色を楽しませてくれる。

そんな通勤。

暑くても、日焼け防止グッズを身にまとって、窓は全開。

ガソリンが高いからエアコンはつけずに、オフィスまでたどり着く。


いったい誰が沖縄に基地を作ろうと思い立ったのだろう。

バカンスを楽しむには十分すぎるほど、楽園に近い場所だと知っていたのに違いない。
(実際は東南アジアに向けられた米国の思惑か…)

さまざまな部分でアメリカの影響を受けている沖縄の生活文化を思うと、

つい何十年か前まではここはアメリカだったんだ、と思わずにはいられない。


沖縄の夏はこれからが本番。






BANANA

may28 128


読谷で安いバナナ屋さんを発見。(以前、焼き紅イモを買ったところ)

これだけ買って500円。島バナナはひとふさ100円で売ってる。破格です。

しかもシュノーケルの帰りに毎週大量に購入してたら顔を覚えてくれてバナナ屋のおばちゃんは毎回おまけをつけてくれる。

バナナ、おいしい。輸入されるときに薬品に漬けこまれようが何しようがやっぱりおいしいんだょ。

 

 

ジュース018

 

これ、我が家の朝ごはん。

リジュベラックを飲んでから、これを飲む。

だんなさんは、小松菜+バナナ+豆乳+デーツ+なぜかプロテイン。

私は、もっとシンプルに小松菜+バナナ+レモン+水

最近はバナナを凍らせてっていうか、大量に購入しすぎて食べきれないから冷凍保存するしかなくって。

沖縄、暑いからおいしいんだよな。梅雨だけど、晴れてる日は31度とかいっちゃうよ。

ミックスしすぎるとキケン。とけちゃうから。ちょっとドロって残ってるくらいがおいしい。

 

 

スムージー002


我が家のブラウン。

超ハイパワー。だんなさんが実家から持ってきてくれた。

はじめてみようローフード生活でも同じのが紹介されてたね。

これは豆腐のマヨネーズを作っている時の写真。

とかく日本製品が好きな自分だけど、パワーが必要なものはやっぱり外国製か。

といいつつも日本製品はとにかく優秀だ。っていつも思う。
海外に出たら嫌というほど実感する。

愛国心とかって、問題になってるけど。

日本人だって愛国心持っていいと思うんだけどな。

海外じゃ当り前だよ。

基地内だって、8:00AMになれば、アメリカ国歌と日本の国歌が流れるよ。

車も止まらなきゃいけないんだよ。

あ、基地内だから・・・か。

 

とにかく最近、我が家でブラウンは必需品カモ


オススメ♪


ジム

ジムって、事務じゃないよ。
スポーツジムね。

米軍基地内で働くと、いろいろといいこともある。

その一つが、基地内スポーツジム無料で使いたい放題。

だから、お昼の休憩時間とかジムに行って、体を動かすようにしてる。

一日中パソコンとにらめっこじゃきちぃ~

最初のころ、よくクラスに参加してた。

ヨガのクラス、ターボキック、アブドミナル・・・

私が、音楽に合わせてターボキック・・・かなり笑える。

アメリカ人独特のハイテンション、ノリノリクラスです。

先生がハイテンションなのは理解できるけど・・・

アメリカ人って生徒まで、かなーーーりノリノリなのよね。

掛声?掛け合い?っていうの???それがかなりすごい。

HIGHって言ったらLOW!! 発音は完璧。あたりまえか。

ヨガのクラスは・・・かなりアメリカナイズドされた内容。

でも、でどころはアシュタンガ、アイアンガーなんだと思われるプログラム。ビンヤサも入ってたりする。

昔、NYのスポーツジムでヨガのクラス受けたのを思い出した。



実は私が初めてヨガをしたのはオクラホマにある大学に通っていた頃。

体育の授業を一つとらなきゃいけないんだけど、友達のYちゃんと一緒にヨガのクラスを取ることにした。

そのころちょうどマドンナのネクスト・ベスト・シングとかが映画で上映されてて、アメリカでのヨガの第一次ブームがピークに達してる時だったんじゃないかって思う。

先生は白人の少し太めのおばちゃん。

その時はあまりにも変わったポーズに笑えてしまって、週に1回必ず出さなきゃいけないスピリチャルジャーナルがかなり負担で、ちょっと億劫にさえ感じていたクラス・・・

そういえば、そのクラスで日本でモデルをしていたっていうへザーっていうアメリカ人の女の子に声をかけられて日本語教えてくれーって言われて教えてあげたけど、一度きりで終わってしまった・・・つまんなかったのかな。。

ヘザーはとにかくめちゃくちゃかわいかったし、学内でも話題になるくらいの美人だった。既婚者だったけどね。
毎日走ってるところ見たり、プールで泳いでるところをよく見かけた。スタイル維持のためかなー。

で、その時はそのおかしなポーズの多いヨガ(今思えばヨガをまったく知らなかったから、おかしなポーズって思えたのかなぁ・・・いや、なんか違う気がする)にはどっぷりはまることなく。

二度目にヨガに出会ったのは、NYSC ニューヨークスポーツクラブでした。

当時、なんか体を動かさなきゃいかん、って思って、ほんとはベリーダンスにちょっと興味を持ってとりあえずジムならいろいろなクラスが体験できるからと思って入会することにしたんだ。

いろんなクラスに出てみた。あ、その前にダンスってのにも興味をもってブロードウェイダンススタジオにも何回か通った・・・ヒップホップとかジャズダンスとか。。マジついていけません。今考えると恥ずかしー自分だ。身の程知らずだ。ありえん。

スポーツジムでのベリーダンス、は、、最初は楽しかったんだけど、あの腰をくねくねさせるセクシーな動きがどうも苦手でこりゃナシだわ。って。すぐにあきらめた。

次にクラシックバレー。先生がやったら細くて筋肉質でカリカリだったんだけど、どうもバレーの、あのお上品すぎる動きが自分にはミスマッチで・・・はずかしいわ、ついていけないわで、すぐに脱落。

アフリカンダンス。これははまった!とにかくすごい!見てるだけでもすごい躍動感。
アフリカ人のジャンベに合わせて踊るんだけど。
そりゃ、イエローの若い女の子が黒人や白人に交じって一生懸命踊ってる姿は滑稽だったかもしれないけど、これは恥を捨てて参加してた。クラスがあるジムをチェックしてはいろいろ通ったさ。

DJONIBA DANCE DRUM CENTERにも見学しに行った。黒人の女性の強靭でしなやかな体と動きに見惚れる。
あと、ここはジャンベのクラスもやっていて、弟がNYに遊びに来た時に一緒に体験クラスを受けたことがある。指が太くなりそうであきらめた・・・

そうそう、そしてヨガ。

最初は少し年配めの先生が教えるゆったりしたヨガに参加してて、なんとなくいいなーって感じてた。
180度近くに開脚してるおばちゃん生徒を横目で見ては、あんなふうになりたい!って秘かな憧れすら抱いてた。

そのうちパワーヨガなる土曜日の11時からやってるクラスがあるってことを発見。

やたらと人が多くて、すっごい人気。しかも若い女性に。

なんだ、このクラス?って思ってたら先生はエキゾチックな顔した、どこかなまりのある英語を話す女性。

カウントを取りながらビンヤサ+アサナ。

この時が私のアシュタンガとの出会いだったんだと思う。

パワーヨガって名前が付いてるクラスだったけど、それはまさにアシュタンガそのもの(少しアレンジバージョン)だった。

なんだこのヨガー!!!!ってことで、なんとなく覚えてるアサナだけ家でジミーに練習してた。

そう、スポーツジムに入会するつもりが、アシュタンガっていう実に深いヨガの入り口に立ってしまった。

帰国してからもあのヨガはいったいなんだったんだろーの連続。

ちょうどそのころ名古屋にもヨガスタジオができ始めてた頃だったけど、”あのヨガ”に出会えるスタジオはなかった。

で、ヨギニ見て、めいちゃん見て、アシュタンガの存在知って、デヴィッドスウェンソンのDVD買って・・・ケンさんのワークショップ出て、ちょっといろいろ省略して最終的に→名古屋ヨガセンター

そんな感じだったかなー。



で、話はだいぶそれたけど、

今はお昼休みはスポーツジム。

さすがにクラスにでるのはなんだかすぐに飽きてしまって・・・

最近はひたすらマシーンを使って歩く歩く歩く。

アメリカンサイズのめちゃめちゃ大きなマシーンだ。

めちゃくちゃ空調が効いてるんだけど、それでも汗が出る。

どうもひたすら何かする、、っていうのが好きみたいだ。

走るのは苦手だから、超競歩的に歩いてます。

もしかして、他の人が走るくらいのスピードで、日本人の女がただひたすら歩いてるぞっ

って思われてるかもしれないけど。

軍人は皆、鍛えてるのよね。特にマリンは厳しいらしい。体重制限とか。

女性もすごい、鍛えててやたらいかつい人とかいる。

汗かいて、シャワー浴びて、お弁当食べて。

結構自由なオフィスだから、助かる。

服装も、名古屋にいたときと変わらないカジュアルな服装でOK。

でも、やたらと差し入れの多いオフィスだから

歩いてお弁当食べた後にダンキンドーナツとか・・・

プラマイゼロ、ってか、プラスじゃないか・・・っていう勢い。

とにかく沖縄の人はよく食べるし、こってりが好きだな~という印象。

うちのオフィスだけか!?

どうなることやら。

とりあえず最近こんなカンジ。






バナナとパイナップルのスムージィ~

244.jpg

 


243.jpg

 

 


パイナップル、そのまま食べても、スムージーにしてもおいしいょー





ヒジキと根菜のキンピラ

 may28 121


沖縄産のヒジキはうまい!

 

 





ヨガ開始

ヨガ開始、

といっても自宅で細々と、

しんみりと、、、

沖縄に来てからほとんどヨガをしていなかった。
体を動かすことすら何もしていなかった。

自分をリセット。

でも、これではいかんでしょ、って。
だいぶ、生活も落ち着いてきたし、
ペースもつかめてきたので。

ブラックマットをひいて、ああ、またマットの上に立っていると、
しみじみ感じながらスリヤナマスカラ。

・・・
チャトランガからウールドゥムカにいけないじゃないですか。。。

何か月か練習しなかっただけで、こんなに自分の体が衰えてるなんてびっくり。
寝たきりになってしまうおじーちゃん、おばーちゃんの気持ちがよくわかる気分。

そういえば沖縄に来てから、結構食べてるのに体重が減っていった、
体脂肪が増えていった・・・
筋力が衰えていたのね。きっと。
そしてあらためて筋力に頼っていた自分にも気づく。

そしてヨガ再開。
自宅で、1人自分と向き合う時間。
自分をリセット。
自分の何がいけないのか、よくわかっていた。
わかっているけど、理屈では理解しているけどなおせない。なおらない。
今の自分に必要なのは基本に戻ること。
先に進むことは後に置いといて、
初心に戻り、もう一度一からやり直したいと思ってた。

どれだけ変われるかはわからないし、どれだけ時間がかかるかもわからない。
でも、あきらめたくなかった。
途中であきらめちゃうかもしれないけど…

ヨガを始めてから何年か経ってた。
ヨガってなんだろう、って自問自答してた時期もあった。
がむしゃらに練習してた時期もあった。
でも、ふと立ち止まって自分を見つめてみたら。

先に進むことじゃなくて、基本に帰ることが必要なんだって
あらためて感じてる。
結果を早く求めすぎてはいけない。

沖縄に来たのはいいきっかけだったのかもしれない。

自分をリセット。

だからとりあえず、スタジオとか行かずに
お家で細々と、スリヤナマスカラAB。

そういう時間も大切なんだと今は思ってる。

思えば、自分の間違っているところ、こころ、ゆがみ、癖、姿勢、考え方・・・
いろんな傾向をわからせてくれる何年かだったようなきがする。
気づきの連続。

そして、それが少しずつ分かったら、今度はそれを正しい位置に戻していく作業に入る。
遠回りして、時間がかかって、それでもあきらめられなくて。
ストレートに突き進んでいくヨギーニではなかったけれど
それでもそんなワタシでもヨガを続けることで何かが変わるんだって
信じてる。

恥もプライドも全部捨てて、あらためて初心者に戻って
まっしろになって、自分を変えていきたいって思ってる。

変わりたい。

強く思う心と、結果を求めない心の在り方と。

難しいって思うから難しいんであって。

よりよく動く体の使い方やよりよく生きていく考え方の法則だとか。

きっとあるはず。

だから、もう一度ヨガ、

始めてみます。


ゆっくりだけどね。






SEARCH

RSSフィード















R.A.W. raw food atelier woonin
R.A.W.
raw food atelier woonin

白金高輪にあるローフードアトリエ。
女性が輝くローフードTIPSを
レクチャー&個人セッション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。