FC2ブログ

PROFILE

yoccico

Author:yoccico
ローフード食材・オーガニック食材の
通販/卸売
LIVING LIFE MARKETPLACE
沖縄・ローフードカフェ
スムージー&ジュースバー
KARMA ORGANICS
を運営しています。

-Aloe barbadesis-
□ ユリ科 Liliaceae
□ アロエベラ、キュラソーアロエ
□ 抗ウィルス、胃粘膜保護など
□ アフリカ
品種が多く世界中で環境に適するように分布。ヨーロッパで好まれる。キダチアロエに比べ大きく育ち肉厚。
アロエ:苦いを意味する言葉

CALENDAR

03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RECENT ENTRY + COMMENT

RAW

YOGA

ARCHIVE

  


「ALOEログ+ローフード」について

yoccicoです。

2008年7月から本格的にローフードを日常に取り入れるようになり、 身体の変化を感じながら、
ローフードクッキングの楽しさ、 ローフードの与える影響にすっかり虜になり、 2009年3月、
ローフード+オーガニック食材専門店 LIVING LIFE MARKETPLACE(販売・通販)
を設立しました。

まだまだ小さなお店ですが、ローカカオ[生カカオ]製品(ニブ、パウダー、バター)、
ローカシューナッツ(生)、デーツ、アガベネクター、
フラックスシード、ココナッツオイル(食用)などのローフード食材の通信販売をしています。
自分たちが本当に欲しいと思うもの、必要だと思うもの、
実際に味わい、安全でおいしいと思えるものを吟味して取り揃えていきたいと思います。
そして、日本国内、どこででもローフード食材が手に入るような、
そんな世の中になっていく環境作りに貢献できたらと思っています。
ローフード、ヨガ、沖縄に関する日記や、ローフードダイエットについて、
そして日々作った料理などをブログに 載せているので、
暇な時なんかにちら~っと遊びに来てくださいな。

yoccico自己紹介は → こちら

お店のサイトはこちら↓↓↓

ローフード+オーガニック食材専門店
LIVING LIFE MARKETPLACE

~ RAW FOOD & ORGANIC WEBSHOP ~

実店舗はこちらです↓
KARMA.png





✥✥✥ レシピブック発売記念。 ✥✥✥
無料クイック講座日程は → こちら


ピースな食事 + ピースな心

ベジタリアンになると、心は穏やかに、そしてピースフルになるのでしょうか。

食事はある程度性格にも影響しているのかもしれない。

「食文化」に影響される「国民性」
科学的にどうの、ということよりも
民俗学的(そんなカッコいいもんじゃないって!)
な方向から解釈した私見にすぎないけれど。

にんにくやスパイスを使った料理 → 感情的でパッショネイトな国民性
濃厚なソースや味付けを好む国 → 感情面も濃厚で感受性豊かだったりする
比較的フラットな味の日本食 → 一見やはり、感情を表には表さず、無関心のようにさえ思えるけれど、その内側に秘めた繊細さ。微妙なダシ加減だったりね。
内気な日本人は、細やかな作業も得意とする。
辛いものよく食べる国の人 → やっぱ熱いよね!

こういうお国柄、国民性って、昔から食べてきた食事が影響しているのか、
それとも、その土地に根付いた地域のあり方や、
生き方や、代々受け継いできたものが、「食」に影響しているのか。
どっちもどっち。いろいろなことが絡み合って、これはこうです。
とは、言いがたいけれど。

「感情面」と「食事」は切っても切り離せない何かがあるような気がしています。
(なぜならロー率が上がるとPMSのイライラとかが楽になったりするから)

ではでは。
動物性食品を避けて、自然のものを好み
カラダがクリーンになってくると、
心は自然と平和に満ち溢れてくるのでしょうか。

答えは、
イエス。

だけど、自己満足で終わってしまっては。
ノーかもしれない。


難しい問題です。


昔、マクロビオティックのお店で働いていたとき、
(主に、カウンターでテイクアウトやデリバリーのお客さんのオーダーを取るのが仕事)
そのお店に来るお客さんというと・・・
一見、穏やかそうにみえるんだけど、でも。
実はとても神経質で難しい人が多い・・・というのが現実でした。
頑固で絶対ゆずりません!
って、ことが本当に多かったんです。。
辛い思いも・・・そんなにしてないけどね。
なかった訳でもない。

もちろん。
こちらは、対お客様なので、細心の注意をはらいますし
お客様は、最高のわがままを言える場所として来ていらっしゃる。
(そんな、高級レストランではありませんでしたが・・・)
だから、それは当たり前。
どんなわがままだって聞いてあげたい。
そういうわがままをきいてあげられる場を提供するのが
お仕事ですから!

でもね、例えばそうじゃない場所の場合。
ヴィーガン、ベジタリアン、ローフーディスト、マクロビアンの方々。
これがいろいろ困ったなぁと、思う場面も大いにあるハズ。
アメリカみたいにね、自己主張をするのが当たり前で
主張する側もされる側も、それを当たり前として受け止めてくれるお国だったらいいかもしれない。

特に日本はまだまだベジタリアンのステイタスは・・なかなか確立されていない。
和を重んじるお国柄、自分だけの〇〇。だなんて。
多分、主張してる自分が臆してしまうのも日本人の国民性?

何かひとつのことにこだわりだして、そのこだわりで自分自身をがんじがらめにして
周囲に対しても、嫌な空気を与えてしまう・・・ということだけは、避けたいし。

要は、ベジタリアンもノンベジタリアンもお互いの食習慣のチョイスを尊重しあって、
意見を述べたり、自分のスタイルを通す場合でもお互いストレスの無いよう
認め合い、合わせてもらった事への感謝、理解してくれたことへのお礼の態度を
示さないと、本当の意味でのピースフルな心とは言えないのかも知れない。

ベジタリアン食を通して、そういうメンタル面での他人への配慮、心配りを
学ぶことができたら、それこそ平和へとつながるかも。
そこに人間の成長が生まれるから。

ベジタリアンになって、マインドが研ぎ澄まされて、カラダが楽になって~
それは大変素晴らしいこと。
でも、それだけの自己満足で終わってはいけないような気がするし。
続けていけば自然に学んでいくことなのかもしれないけれど。

忘れていけないのは、他人への配慮、心配り
自分のスタイルを通す時の謙虚さ。
まわりとの協調性。
それを忘れないようにする部分にこそ
人間的な深みや人間らしさが根付いていくのかもしれない。

ピースな食事を通して、
ピースな心を育んでいきたいものです。
(と、思って記事を書いていたら
まいさんのブログからこんな記事→あなたはあなた。わたしはわたし。  
勝手にシンクロ~な気分になってしまいましたー。)

それは、努力なくして、生まれるものではないのかもしれませんね。

そんなこと書いておきながら
今のワタシも、
まだまだ発展途上ですけれどっっ



えらそうなことは言えませんね!!
失礼しましたっっ



読んでくれてありがとう!
ブログランキングに参加しています。
もしよろしければ応援クリック。
今日もヨロシク↓g
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
  • FC2 Ranking










  • COMMENT

    Name
    E-mail
    URL
    Comment
    Pass  *
    Secret? (管理者にだけ表示)
    食事が精神面に与える影響は大きいですね。

    いつも、ベジとしてのロールモデルにもなれるよう
    (もちろん他の面でもだけど)心がけないといけないと
    思ってます~。息子ともそのような話はよくします。

    自分が少数派のチョイスである今は
    特に時に人に不快感を与えないよう、
    和ませられる自分でありたいなと思う事もあります。
    (気を使ってるともいうので本来あるべき本質では
    無いかもだけれど)
    じゃないと、それは時として気難しい~
    イヤな感じ~って感じられてしまう時もありますものね。
    食事って場面だけでも。
    私、そのものではなくてヴィーガンの人は
    そうなんだーって見られちゃう時もありますし...。

    人をジャッジしないでお互い気持ちよいなと
    思えるように心得ていきたいですよね。
    みんな楽しくあるために、生きてるんですもんね。
    こんにちはー。
    ベジでなくても、「玄米食べてる」とか、「化学調味料はイヤ」とか、「無農薬野菜を食べてる」とか言っただけでも、かなりのバッシングにあっていたので、ベジの方ははおさらだろう、かたくなになってしまうのも仕方のないことかもな、と思ったり。

    でも、世界に目を向けると、豚を食べない、牛を食べない、肉はお祈りしたものでないとダメ、野菜は嫌い、など、実に色々。

    いいじゃないか!自分の身体に自分で責任をとって食べているんだから!っておもうんだけどなあ。

    やっぱり、個人の資質だと思います。肉食だって、とっても穏やかで思慮深い人、沢山いらっしゃいますし、ベジで小難しい、取っ付きにくい、話の分からん人もとても多いもの。

    日本はさあ、一緒でないとなんとなく「変な人」にされてしまって、息苦しいところがあるですよ。

    「合わさなくちゃ」、って思ってしまうから、余計に息苦しくなるのかもなあ。いっそ変人で通してしまうと簡単になりますが、それもしんどいことであります。

    わたしたち夫婦は「変人」だと思われているみたいで、マトモなことを言うと「変わっているけれど、言うことはマトモだ、」と言う評価をされちゃう。それって何??

    ぼやいてしまいました。

    結局、自分の中で自分がやろうとしているライフスタイル(信仰も含めて)に完全に納得していない人は外に対して攻撃的にならざるを得ないんじゃないかな、自分を納得させるために。
    なーんて、考えてしまいました。

    自己完結していたら、他人はどうでもいいはずだもの。
    外食や旅行に関しては、徹底している人は鍋釜持参で自炊しながら旅行してますもの。

    わがままはやっぱりわがままで、幼いなあ、とおもうのであります。

    なんか、混乱してきました。わたし、ベジやビーガンの友達が来たら、ちゃんとそういう料理を出してもてなすよ。分からない料理なら、作ってもらうもの。興味があるから。
    やっぱりどんな相手に対してもリスペクトを忘れないことがだいじなんじゃないかなあ。と思います。

    ぶつぶつ。

    失礼しました。
    • ぺんぎん#.2xbu0dw
    • URL
    • 2009.04.17(Fri)
    • Edit
    確かに、ベジタリアンって日本だと、確立されてないですよね。
    あたしも昔、ベジタリアンの方と食事したことあったんですけど、ちょっと偏見持ってしまって。。。
    でも、yoccicoさんのブログだったり、ほかの方のブログ読ませてもらって、野菜だけを食べることがベジタリアンぢゃないんだ・・・

    って思いました。まだまだ、ローフードというのも知ったばかりで、大して変わってないかもですけど。。。笑

    もっと、食事のこと、ローフードのこと、勉強したいです。

    ブログの内容に対するコメントぢゃなくなっちゃいました。すいません><
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    • #
    • 2009.04.17(Fri)
    • Edit
    Emma(Emmie)さん
    ヴィーガンとしてキャリアの長いEmmaさんはいろいろな場面でいろいろな思いを経験されてきているのではないかと・・・
    最近でこそ、マクロビオティックやヴィーガンも日本でメジャーな分野になりつつあるけれど、もっと昔はもっと難しかったのじゃないかなー。それこそ、いつも変人扱い。
    子育てに関しても、いろいろなことをあれこれ口出しされたりはしませんでしたか?
    そういうことをいろいろ乗り越えて、母として、主婦として、ローフードのブログを書いていらっしゃるEmmaさんはいつもすごいなーと。尊敬してしまうわけなんです。


    ペンギンさん
    やはりペンギンさんもバッシングの対象にあわれていたのですねー。
    食事にこだわっていることを一言でも言えば、小難しいやつ。と、バッシングの対象になってしまう。。悲しいことです。

    ワタシもサラダだけのお弁当を持っていくと会社の人によく心配されたものです・・大丈夫なの?って。
    でも、ワタシから見れば、いつもお弁当やさんのお弁当やカップラーメンを食べているあなたたちは大丈夫なの?
    なかなか分かり合えない。

    分かり合うのは本当に難しいこと。

    でも、ひとりひとりのヴィーガンの心がけ次第で、嫌な空気をまわりに撒き散らさない、ほんの少しずつの努力で、食事の主義を主張しても、バッシングを受けない世の中になっていくのではないかと思うし、そういう世の中になって欲しいものです。

    >やっぱりどんな相手に対してもリスペクトを忘れないことがだいじなんじゃないかなあ

    そういうことが大切なんだと思います!

    バッシングを受けることで、食事にこだわりのある人がどれだけ切ない思いをするのか。食事のこだわりを主張しすぎて、周りに嫌な空気を与えてしまうということもあるという事実。

    お互いが謙虚に受け止めつつ、まいさんの「マックを食べる隣人を愛せよ」じゃないですけど、リスペクトしあえたらとてもいいですよね!
    ペンギンさんの、「ぶつぶつ」聞かせていただいてありがとうございました!!


    • yoccico#-
    • URL
    • 2009.04.17(Fri)
    • Edit
    nさん

    どーぞどーぞ!
    リンクフリーです♪
    ヨロシクです☆
    • yoccico#-
    • URL
    • 2009.04.17(Fri)
    • Edit
    わー、またシンクロですね!なんだか嬉しいです。
    お互いを理解しあうのってエネルギーの要る作業ですよね。わたしは、人と外食するのをストレスに感じてしまうときもあります。いつも受け入れ合える自分でありたいものです。

    食文化における国民性の考察、すごく面白かったです!

    >辛いものよく食べる国の人 → やっぱ熱いよね!

    納得です!韓国人とメキシコ人の知人たちを思い出しました。本当に彼らは熱いですもん。日本と韓国は近いのに、こんなに国民性が違うのは、やっぱり食生活かもしれませんね。
    • まい#Mom3fmKk
    • URL
    • 2009.04.18(Sat)
    • Edit
    いつもブログ楽しく読んでいます!
    食事と精神はつながっていますよね。

    私はまだヴィーガン&ローフード歴半年です。ベジタリアンと言うとめんどくさいと思われたり、変わってるねと言われたり、偏見の目で見られることがありました。肉も魚もバランスよく食べなきゃダメだよ!と怒られたり。そういう時は言い返さず、「そうだね、教えてくれてありがとう」と言っておきます。

    ノンベジのお店で外食の時も、店員の方に伝えるのがなんとなく言いづらかったりもしました。たいていのお店は快く受け入れてくれるので、「外食は難しくないんだな~」と感じてます。
    人と一緒のときは、あまりこだわりすぎず、調和を大事にしています。

    日本でベジタリアンがもっと確立されると良いですよね。そんなに遠くない気がします。
    • chihiro#-
    • URL
    • 2009.04.18(Sat)
    • Edit
    namiさん

    やっぱり、必要以上に固執してる部分を見せてしまうと、普通の人は偏見持ってしまいますよね~
    そういう偏見をなくしていけるような世の中にするには、ひとりひとりのベジタリアン、やローフーディストの努力が必要なんだと思います~
    なみさんみたいに、偏見もっていたような人でも、ローフードに興味を持って、勉強したい!って思ってもらえるのはとても嬉しいことです!!


    まいさん
    勝手に記事をリンクしていまいました~~~
    いつもスンマセン。
    でもでも、本当にいいこと書いてあったので、あっ、これは今、ワタシが感じていることと通じるものがる!!なんて、ピンときちゃったんです。
    外食がストレスにならない世の中になるといいな~ ベジやローフード対応のレストランが増えるとかね!!理解してくれる人達が増えるとかねっっ

    chihiroさん
    コメントありがとうございます~
    ベジ暦半年でも、もうかなりコアな部分にまでたどり着いているのでは???
    ふむふむ。
    レストランでも、臆することなく頼んでみれば、快く対応してくれるということですね!相手はサービス業だから、遠慮しなくていいってことかな~
    変な人、って見られたくないから主張できないっていうのも、なんか違いますしね。ベジタリアンやローフーディストが肩身の狭い思いをしなくてよい日がくるのをこころまちにしております。

    そのためにはchihiroさんみたいに、無理に言い返さず、教えてくれてありがとう。と、受け流すことのできるスタンスを持っているベジやマナーのあるベジが増えなくてはいけませんね!!
    みんなでそんな世の中が作っていけたら最高です~♪


    • yoccico#-
    • URL
    • 2009.04.18(Sat)
    • Edit

    SEARCH

    RSSフィード















    R.A.W. raw food atelier woonin
    R.A.W.
    raw food atelier woonin

    白金高輪にあるローフードアトリエ。
    女性が輝くローフードTIPSを
    レクチャー&個人セッション