PROFILE

yoccico

Author:yoccico
ローフード食材・オーガニック食材の
通販/卸売
LIVING LIFE MARKETPLACE
沖縄・ローフードカフェ
スムージー&ジュースバー
KARMA ORGANICS
を運営しています。

-Aloe barbadesis-
□ ユリ科 Liliaceae
□ アロエベラ、キュラソーアロエ
□ 抗ウィルス、胃粘膜保護など
□ アフリカ
品種が多く世界中で環境に適するように分布。ヨーロッパで好まれる。キダチアロエに比べ大きく育ち肉厚。
アロエ:苦いを意味する言葉

CALENDAR

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RECENT ENTRY + COMMENT

RAW

YOGA

ARCHIVE

  


「ALOEログ+ローフード」について

yoccicoです。

2008年7月から本格的にローフードを日常に取り入れるようになり、 身体の変化を感じながら、
ローフードクッキングの楽しさ、 ローフードの与える影響にすっかり虜になり、 2009年3月、
ローフード+オーガニック食材専門店 LIVING LIFE MARKETPLACE(販売・通販)
を設立しました。

まだまだ小さなお店ですが、ローカカオ[生カカオ]製品(ニブ、パウダー、バター)、
ローカシューナッツ(生)、デーツ、アガベネクター、
フラックスシード、ココナッツオイル(食用)などのローフード食材の通信販売をしています。
自分たちが本当に欲しいと思うもの、必要だと思うもの、
実際に味わい、安全でおいしいと思えるものを吟味して取り揃えていきたいと思います。
そして、日本国内、どこででもローフード食材が手に入るような、
そんな世の中になっていく環境作りに貢献できたらと思っています。
ローフード、ヨガ、沖縄に関する日記や、ローフードダイエットについて、
そして日々作った料理などをブログに 載せているので、
暇な時なんかにちら~っと遊びに来てくださいな。

yoccico自己紹介は → こちら

お店のサイトはこちら↓↓↓

ローフード+オーガニック食材専門店
LIVING LIFE MARKETPLACE

~ RAW FOOD & ORGANIC WEBSHOP ~

実店舗はこちらです↓
KARMA.png





✥✥✥ レシピブック発売記念。 ✥✥✥
無料クイック講座日程は → こちら


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野生動物や原始人の胃液を持った人がいる

以前、「医は仁術なり」という本を読んだことがあります。

その中に面白い記述があったので紹介したいと思います。



『効くと効かないとの差』

(まず、漢方薬について)
漢方薬は確かに副作用はありませんが、進行癌や末期癌にはほとんど効きません。
私自身、息子(急性骨髄性白血病)を含めて何人かの患者さんにためしてみましたが、
効果は皆無とはっきり言ったほうがむしろ正確だと思います。

しかし、漢方薬を無視することはできません。
と言うのは、正確にデータを取ったわけではありませんが、
漢方薬を使って効き目のある人がたまにいるからです。
これまで私が調べた範囲では、漢方薬が効く人は20人に1人ぐらいの割合でしょうか。

なぜたまに効く人がいるのか。
これは漢方医学でも謎とされ、
「同病異治」と言われています。
また、「証」が合うとか合わないとかいう表現で説明する学者もいます。
要するに、ある漢方薬がある患者に効くか効かないかは、
やってみなければわからないということです。
これでは医療というには頼りないといわざるを得ません。
なぜ効く人と効かない人がいるのか。
その原因はどこにあるのか。
その研究がすべての始まりでした。
そして、効くか効かないかの差は胃液の違いにあることを突き止めたのです。


『野生動物や原始人の胃液を持った人がいる』

野生の動物には癌もなければ成人病もありません。
おそらく原始人にもなかったでしょう。
野生動物のおおくの食料は植物です。
そこには種子も含まれます。
この植物種子の中に癌やリウマチなどに効く物質が含まれていて、
そのために野生動物には癌や成人病がないのではないかと考えました。
植物種子を調べてみると、確かに有効と思われる成分があります。
しかし、その有効成分は高分子も低分子もチェーンの形でしっかりつながれていて、
フリーのアクティブな状態にはなっていません。
有効成分がその効力を発揮できる活躍型にはなっていないわけです。

有効成分を活躍させ、効力を発揮させるには
有効成分を傷つけないように分子をつないでいるチェーンを切断し、
フリーのアクティブな状態にしなければなりません。
その状態になった有効成分が体内に吸収されると、
身体の悪い部分に行って効果を発揮するわけです。
このメカニズムが働いて、野生動物には癌や成人病がないわけです。


有効成分を傷つけないように分子をつないでいるチェーンを切断する働きをするのは何でしょう。
1つは唾液です。
よく咀嚼すると大量に唾液が分泌され、この唾液の消化酵素が、このチェーンを切断してくれるのです。
もう1つは胃液です。
強い胃液が活躍してチェーンを切断し、有効成分をフリーなアクティブの状態にするのです。

では、このメカニズムが野生動物では働くのに、
人間では働かないのはなぜでしょう。
その原因は火です。
人間は火を使うことを覚え、
食料を煮炊きして調理するようになりました。
煮炊きして調理すれば食べ物はやわらかくなりますから、
あまり咀嚼する必要がなくなり、胃も消化しやすくなります。
自然に唾液や胃液の分泌量も少なくなり、
チェーンを切る力も衰えてきました。
つまり、人間の唾液や胃液は火を使うことによって退化してきたのです。
原始人のころはまだあった唾液や胃液の力も、
原人から旧人、新人と進化し、
文明が発達するにつれて次第に失われてしまったというわけです。

しかし、遺伝子には強い力を備えていた胃液の記憶が残っていて
たまに現代人の胃液に現れることがあります。
つまり、野生動物や原始人並の強力な胃液を持った現代人が
たまにいるわけです。
そういう人が天然の植物種子を素材にした漢方薬を服用すると
その有効成分のチェーンが切断され、
フリーのアクティブな状態となって効力をはっきするのです。
20人に1人ぐらい漢方薬が効く人がいるのは、
5%の現代人が野生動物や原始人と同じ
強力な胃液をいまなお持っているからなのです。
しかし、95%の人に効き目がないのでは話になりません。
この95%の人にも効くようにする方法はないものか。

・・・・・

と、いうところから、著者の副作用のない治療薬開発のアプローチについて述べられていきます。







明日につづきます。




読んでくれてありがとう!
ブログランキングに参加しています。
もしよろしければ応援クリック。
今日もヨロシク↓ぶどう
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
  • FC2 Ranking



  • COMMENT

    Name
    E-mail
    URL
    Comment
    Pass  *
    Secret? (管理者にだけ表示)
    yoccicoさん、このお話かなりすごいです!
    効いたことのない分野のお話で
    かなりドキドキしてしまいました。

    中国で、漢方薬をずっと飲んでいたことがあります。

    先生があれこれ手を変え品を変え(?)
    いろんなブレンド(?)で煎じてくれましたが
    私には効かないときが多かったです。

    そして弟には全く効かず
    母にはものすごく効いて
    あれ~~~!?と思ったものです。

    そんなこともあり
    興味津々で読ませていただきました!

    ありがとうございます。
    明日のお話の続きが待ち遠しいです~~~(^^)
    ミエミーエさん

    え!ということはもしかしてお母様は原始人の消化酵素を持っているのかも!?
    こういうことはなかなか・・・難しいお話です。
    考えれば考えるほど、分からなくなってくるので、あまり考えないほうがいいな。というのが・・結論でしょうか。笑
    • yoccico#-
    • URL
    • 2009.05.18(Mon)
    • Edit

    SEARCH

    RSSフィード















    R.A.W. raw food atelier woonin
    R.A.W.
    raw food atelier woonin

    白金高輪にあるローフードアトリエ。
    女性が輝くローフードTIPSを
    レクチャー&個人セッション

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。