PROFILE

yoccico

Author:yoccico
ローフード食材・オーガニック食材の
通販/卸売
LIVING LIFE MARKETPLACE
沖縄・ローフードカフェ
スムージー&ジュースバー
KARMA ORGANICS
を運営しています。

-Aloe barbadesis-
□ ユリ科 Liliaceae
□ アロエベラ、キュラソーアロエ
□ 抗ウィルス、胃粘膜保護など
□ アフリカ
品種が多く世界中で環境に適するように分布。ヨーロッパで好まれる。キダチアロエに比べ大きく育ち肉厚。
アロエ:苦いを意味する言葉

CALENDAR

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RECENT ENTRY + COMMENT

RAW

YOGA

ARCHIVE

  


「ALOEログ+ローフード」について

yoccicoです。

2008年7月から本格的にローフードを日常に取り入れるようになり、 身体の変化を感じながら、
ローフードクッキングの楽しさ、 ローフードの与える影響にすっかり虜になり、 2009年3月、
ローフード+オーガニック食材専門店 LIVING LIFE MARKETPLACE(販売・通販)
を設立しました。

まだまだ小さなお店ですが、ローカカオ[生カカオ]製品(ニブ、パウダー、バター)、
ローカシューナッツ(生)、デーツ、アガベネクター、
フラックスシード、ココナッツオイル(食用)などのローフード食材の通信販売をしています。
自分たちが本当に欲しいと思うもの、必要だと思うもの、
実際に味わい、安全でおいしいと思えるものを吟味して取り揃えていきたいと思います。
そして、日本国内、どこででもローフード食材が手に入るような、
そんな世の中になっていく環境作りに貢献できたらと思っています。
ローフード、ヨガ、沖縄に関する日記や、ローフードダイエットについて、
そして日々作った料理などをブログに 載せているので、
暇な時なんかにちら~っと遊びに来てくださいな。

yoccico自己紹介は → こちら

お店のサイトはこちら↓↓↓

ローフード+オーガニック食材専門店
LIVING LIFE MARKETPLACE

~ RAW FOOD & ORGANIC WEBSHOP ~

実店舗はこちらです↓
KARMA.png





✥✥✥ レシピブック発売記念。 ✥✥✥
無料クイック講座日程は → こちら


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マカダミアチーズ

macadamia cheese

なんせトレイが9もあるからね。

週末に、まとめてあれこれディハイドレーター。

その第一段がこれ。

マカダミアチーズ。


macadamia cheese3

うう、こんなに食べたらニキビできそう。。

普段、あまり吹き出物とかでないたちなんですが、
なぜか、松の実とマカダミアを食べると・・・

必ずぽっちり出てしまいます。

脂肪分がおおいからかな。。

これはRaw Food, Real Worldからのレシピ。

なんだかんだで、この本一冊を作り倒しているワタシです。
あれこれいろいろな本に手を出すよりは
1つの本にのめり込んでしまいます。
何度も何度も目を通して、
もう何処にどのレシピがあるとか
把握してるから。
だから一番作りやすいのよね・・・

で、この本なんだけど。
とってもおしゃれで美味しそうで大好き。
だけど、よーくよく考えると
こういうグルメ系のお料理本って
ナッツの消費量すごくありませんか???

メインディッシュやスイーツにいけばいくほど。
ナッツナッツナッツ!
ありとあらゆるナッツ類が出てきます。

作るのはホント、すごく楽しいんだけど。

なんだか、ワタシ個人の感じ方なのですが。

ディハイドレートしたナッツ類ってすごく重く感じるのです。
そのまま食べた方がまだ全然ラク。
クラッカー類も好きなんだけど
すごく重く感じてしまうのです。
これだったらまだ、炊いた白米とかの方が
重くなく感じるような・・・
ワタシだけですか???

それで、最近Gabriel Cousenesの「Conscious Eating」
を購入したんだけど。
やっと、ちょっと本気っぽい本にたどり着きました。
パラパラ~っと見た感じ、
最後に載ってるレシピとかには
ほとんどナッツ類が出てこない。
出てきたとしても、アーモンドくらい。
カシューは?マカダミアは?ってカンジですが。

Any phyoなんかのレシピを見ると
カシューとかふんだんに使われているけれど。

それぞれ作る人の本によっては全然ローフードの
とらえ方が違うということでしょうか。。


その代わり、「Conscious Eating」に載っているレシピには
シード類がものすごくたくさん出てきます。
特に、サンフラワーシード。
それからセサミシード、フラックス、
あとは、レーズンとかデーツ。
そんな感じの材料がメインだったりするのです。

これには何か訳が???
まだちゃんと全部読んでいないので、
はっきりとしたことがわかりませんが。

ドーシャのバランスを保ちましょうみたいな事が書いてあったので
きっと、アーユルベーダ的なアプローチなのでしょう。
彼自身、ヨガしますもんね。アーユルベーダの医学博士なんですっけ?
そう、Gabriel CousenesはM.D.
これって、アメリカの最高学位に当たるのでしょうか?
Medicine Doctorです。
(英語のスペルは全て調べずに適当に書いてますっっ 間違っていても あしからず!)

いわゆる、博士課程を終えた人っていうのは
Ph.D (Philosophy of Doctor) ですが、
ワタシが大学に行ってる時も、
Ph.D取っている教授はドクターって呼ばれてたけど
MA(マスター・ディグリー)どまりの人はミスターとかミズって呼ばれてました。
(あと他には人気のビジネス系のMBAとかもありますね。。)
それと、ワタシの行っていた大学はクリスチャン系の大学でしたので
(ワタシはクリスチャンではありませんが~)
ファーザーとかブラザー、マザー、シスターがたくさんおりました~
夜中に、Monkの幽霊がでるのだという噂もよく聞きました~

そんな話はどうでもいいとして・・・


医学博士になるのって論文たくさん書いて、大変な苦労を要しそうですね。。
あまり詳しいことはよくわかりませんが・・・

まあ、とにかく、すごい人なのでしょうね~~~ガブリエル博士。

(ちなみにちょっと調べてみましたが
かの有名なDavid Wolfe は
Masters degree in nutrition 栄養学で大学を卒業、博士号は持っていない
background in science and mechanical engineering
だそうな。
両親も二人ともお医者とのこと。
さすが、学歴社会のアメリカは
有名になるにはそんな肩書も必要なのでしょうかねぇ?・・)


そう、それで医学博士が書いた、
ローフードに関する
ぶあつーーーい本です。

ちょっと、しっかり読んでみたいと思います。



が、

読み切れるでしょうか・・


また報告致します。




読んでくれてありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリック、とっても励みになってます☆
いろいろな情報をシェアできたら嬉しいです!
もしよろしければ応援クリック。
今日もヨロシク↓絵文字名を入力してください
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
  • FC2 Ranking



  • COMMENT

    Name
    E-mail
    URL
    Comment
    Pass  *
    Secret? (管理者にだけ表示)
    おいしそーう!歯ごたえもチーズっぽい感じですね、きっと。
    わたしは、ナッツより加熱食のほうが身体はずっと楽です。ナッツをたくさん食べた次の日の体の重さといったら、加熱食とは比べ物にならなかったです。そして、ディハイドレイトするとナッツ類はさらに重く感じるというのは同感です!2ヶ月前に作った大量のシードクラッカー、そのまま残っています~。どうしても食べられない・食べたくない。そんなローフーディストもありかなと、開き直りましたー!yoccicoさんは、日々色々とローフードを作っていて、きっと素敵な食卓なんだろうなーと想像しちゃいます。
    • まい#-
    • URL
    • 2009.06.17(Wed)
    • Edit
    ローのレシピ本のレシピを作り倒すとか
    私には出来ないことなので
    すごいなぁと思ってしまいます。

    私も特定のナッツでブツブツができるので
    ナッツは時々しか食べないのですが
    このマカダミアチーズ・・・かなりおいしそうですね
    色にやられてしまいます・・・笑

    ほんとにレシピにナッツを使ったものが多くて
    それがまた超美味しかったりして
    悩みどころです~~~~(T3T)
    わ~、おいしそう!ナッツ好大好きのわたしには目の毒ともいえます。ディハイドレーターで作ったおやつをいただいたことがありますけど、特別なものは入れてないのにこんなにおいしいの?と感激しました。

    ローフードをつきつめていくとナッツの摂取量も減っていく、ってからだの変化によるのでしょうかしらね。

    私は食物アレルギーはないのですけど気をつけてほどほどに摂って楽しみます。
    • sarah#-
    • URL
    • 2009.06.18(Thu)
    • Edit
    こんにちは。

    本当においしそう!
    お酒飲めないのに飲みたくなりました。

    私もディハイドレートしたものは、少ししか頂けません。
    こう。。ミシミシ詰まる感じがしません(笑)?
    まだ加熱した野菜とかの方が穏やかですよね。
    それとも、ローのベテランになってくると違うのかしら??

    1冊のレシピ本、しかもあの本のレシピを作り倒すなんて尊敬します!
    • simmonne#-
    • URL
    • 2009.06.18(Thu)
    • Edit
    まいさん
    やっぱりまいさんも、ディハイドレートしたナッツ類はとても重く感じるのですね!
    お料理は好きなんだけど・・・せっかく作ったのに手がでない。。じゃ、もったいないな。と思って、食べてます!・・・無理やり!?
    ガブリエル・カズンズの本を読み始めたばかりなんですが、レシピにはほとんどナッツが出てきません。アーモンド、たまにウォールナッツくらいかなぁ。その代りシード類がすごく多いけど・・グレインで作ったブレッドとかもレシピに載っていました。まだ作ったことはないけれど、ちょっとカズンズ博士の考え方に沿ってローを行ってみても面白いかも。と、思い始めています。
    いろいろ試してみて、自分にとってベストな方法を見つけていきたいです。
    うー、ブログにはいろいろ写真を載せるけど、日常的にはワンパターンなスムージーばっかりです・・・




    ミエミーエさん
    んー、単にめんどくさがりだけなのかも~
    あれこれいろいろな本に手が伸びないのは。。
    1つの本に執着してしまうのですわ。。

    マカダミアチーズ、悔しいけど美味しかった!重さは感じるんだけど。。
    ホント、悩みどころです。
    最近思うのはグルメ系レシピばかりをうのみにして、そればっかり作るっていうのは、ちょっと違うかな。っていう気がしてきました。
    人それぞれの体質に合わせて、慎重に行っていくべきなのかもしれない。。。
    なんてことを思います。


    sarahさん
    ナッツの許容量はね・・・ほんと個人差があるのではないでしょうか。。
    ワタシはなぜか、ナッツそのまま!だと、案外平気で食べれてしまうのです。
    しかし、いったん加工されてしまうと・・・ローのスイーツやディハイドレートしたりするとすごく重く感じる。
    きらいじゃないんですけどね。。なんなんでしょうか。いったい。どうしたらいいんだろう。なんて。ナッツとの付き合い方。



    simmonneさん
    炊いた白米よりもディハイドレートしたナッツ類の方がどうしても重く感じてしまうワタシです。。
    完璧にロー100%とかでこなしていると、違うのでしょうか・・・?
    どうなんでしょー。

    あ、あと、ガブリエル・カズンズの本を読み始めています。
    アーユルベーダに沿ったお話が次から次へと出てきてすごく興味深々です!!!!
    なんでもかんでも生であればいいってもんでもないのかもしれませんね。
    また、simmonneさんのローの最新情報お待ちしております!!
    • yoccico#-
    • URL
    • 2009.06.18(Thu)
    • Edit

    SEARCH

    RSSフィード















    R.A.W. raw food atelier woonin
    R.A.W.
    raw food atelier woonin

    白金高輪にあるローフードアトリエ。
    女性が輝くローフードTIPSを
    レクチャー&個人セッション

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。