PROFILE

yoccico

Author:yoccico
ローフード食材・オーガニック食材の
通販/卸売
LIVING LIFE MARKETPLACE
沖縄・ローフードカフェ
スムージー&ジュースバー
KARMA ORGANICS
を運営しています。

-Aloe barbadesis-
□ ユリ科 Liliaceae
□ アロエベラ、キュラソーアロエ
□ 抗ウィルス、胃粘膜保護など
□ アフリカ
品種が多く世界中で環境に適するように分布。ヨーロッパで好まれる。キダチアロエに比べ大きく育ち肉厚。
アロエ:苦いを意味する言葉

CALENDAR

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RECENT ENTRY + COMMENT

RAW

YOGA

ARCHIVE

  


「ALOEログ+ローフード」について

yoccicoです。

2008年7月から本格的にローフードを日常に取り入れるようになり、 身体の変化を感じながら、
ローフードクッキングの楽しさ、 ローフードの与える影響にすっかり虜になり、 2009年3月、
ローフード+オーガニック食材専門店 LIVING LIFE MARKETPLACE(販売・通販)
を設立しました。

まだまだ小さなお店ですが、ローカカオ[生カカオ]製品(ニブ、パウダー、バター)、
ローカシューナッツ(生)、デーツ、アガベネクター、
フラックスシード、ココナッツオイル(食用)などのローフード食材の通信販売をしています。
自分たちが本当に欲しいと思うもの、必要だと思うもの、
実際に味わい、安全でおいしいと思えるものを吟味して取り揃えていきたいと思います。
そして、日本国内、どこででもローフード食材が手に入るような、
そんな世の中になっていく環境作りに貢献できたらと思っています。
ローフード、ヨガ、沖縄に関する日記や、ローフードダイエットについて、
そして日々作った料理などをブログに 載せているので、
暇な時なんかにちら~っと遊びに来てくださいな。

yoccico自己紹介は → こちら

お店のサイトはこちら↓↓↓

ローフード+オーガニック食材専門店
LIVING LIFE MARKETPLACE

~ RAW FOOD & ORGANIC WEBSHOP ~

実店舗はこちらです↓
KARMA.png





✥✥✥ レシピブック発売記念。 ✥✥✥
無料クイック講座日程は → こちら


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「食」を変えると・・・

それでね、人間の能力というのは、
遺伝子云々というよりも、環境によるものが大きいのだそうです。
と、昨日の記事に書いたのですが。

素直に今自分がおかれた環境に感謝できる人はそれでいいですが・・・

逆に、自分の置かれた環境のせいだ!と、嘆いてしまう人もいるかもしれませんね。

と、ふと思ったので、少し思い出したのが。

遺伝子ON/OFFのお話。

もう、有名なお話ですよね。

筑波大学名誉教授の村上和雄教授のお話。
サムシンググレートってやつ。

人間の遺伝子の大部分はまだ眠っていて、何かのきっかけでONになることがあるよというお話。

生命の暗号
②という本が我が家にありました。
なぜか①ではなく、②なのですが・・・
多分どこかの古本屋でみつけたのだったか…

その本によりますと、

感情や心の働きが遺伝子の状態を左右する。とのこと。

「遺伝子にかかれていないことは天才にも無理だけど、遺伝子に書かれていることなら凡人にも可能。」

なんだって。

「その潜在能力、つまりOFFになっている部分を何らかの作用でONにできる可能性も、だれもが等しく持っている。」

人間、皆、平等なのですね。。

「その意味で能力とは新しく身につけるものではなく、もともと持っていた力を目覚めさせる性質のものです」

ふーん、じゃあ、やっぱり環境に恵まれた人が得ってことね。
と、思いたいところですが。

村上教授は周囲の環境や外からの刺激によって、
眠っていた遺伝子は目覚めると主張するのです。

そんなのさー、周囲の環境なんて、やたらめったらかえられないじゃーん。
と、いうのが、普通の人の意見。(ワタシだけ??)
でも、そこに一筋の光が。

「この環境や刺激には、心の持ち方や精神的な作用も含まれます。
外的環境だけでなく、私たちの内部環境、すなわちこころや意識をかえることによっても、
遺伝子のON/OFF状態に影響を与えることができる」だと。。

ほお!

「『心と遺伝子の関係』、つまり心のあり方が遺伝子にどんな影響を及ぼすのか。
どういうものの考え方、こころの持ち方をすれば眠っていた遺伝子をONにできるのか。
どうすれば遺伝子ONのいきかたができるのか・・・」

「物事を常に前向きにとらえるプラス発想とか、強い信念や目的意識を持ってことにあたること。
できるだけエゴを抑えて利他的な生き方を心がける。
いつも感動したり、夢中になれる心の大切さ。過ぎたことをくよくよ思いわずらうことなく、
イキイキ、ワクワクして生き、多くの人と積極的に交流してひんぱんに情報交換をしていく・・・
そんな生き方、心の持ち方が遺伝子ONのために大切になってくると考えています。」

まだ続きます。

「遺伝子というと、うまれつき固定された不動不変のものというイメージが強いのですが、
環境次第、心のもちようでいくらでも、その「生まれつき」は変えられるのです。
いいかえると人の能力というのは遺伝と環境の両方、その相互作用によって決定される。
したがって、私たちのだれもが未知の可能性を秘めており、その能力を後天的にいかようにも
伸ばすことができるわけです。」


環境って、周りの環境だけのことかと思いきや、
自分の心の中の環境のことも言うのですね。

ワタシ、普段、自己啓発系の本とかまったく読まないのですが、
なんだか、ちょっぴり啓発されてしまいました。。

周りを変えられないんだったら。
自分が変わるしかない。ってことでしょうか。


それとはまた逆に、恵まれた環境にいるのに・・・

能力が発揮できなかったり。みなさんもそんな経験あるはず。

その時の、心の置きどころは、どうだったかな。

そんなことも、重要なポイントになってくるのかもしれませんね。

というか、この本を書いているのは、科学者です。
筑波大学名誉教授です。

科学も突き進めば、こういうところにたどり着くのでしょうか。。。

もちろん、ここに書かれていることが全てではないだろうし、
まだ分かっていないことや、反論される方も沢山いらっしゃるだろうし。

絶対にこうだとは、いいきれないのは・・・いつの時代も、しょうがないことなのかもしれませんね。


もう、これ以上の詳しいことは本を読んでもらうしかないのですが、

もうちょっとだけ面白かった記述。


「はら八分目の実践、適度な飢餓感が遺伝子をONにする」

ほお!


「ビタミンCはコラーゲンのON/OFFに関係する」

へえ!


「毎日摂取する『食物環境』も、私たちのDNAに大きな影響を与えている」

ビンゴ!!
だから、やっぱり、「食」を変えて生まれ変わっちゃう人がいるわけね!


「感動という心の環境が人間を変え、生き方また変わる」

ふーん、すごいね。



しかし、最後に紹介。やっぱりこんな記述も。。

「環境という後天的要因の影響は私たちが考えているより大きいものですが、
しかしもちろん、先天的な遺伝の影響も小さくありません。
要は遺伝に環境、すなわち素質に努力が加わったときに、
人間の能力や行動は最大のパフォーマンスを発揮するのです。」


なんだ、やっぱりそうか。

やっぱ、遺伝の影響がすくなからずあって、
遺伝的に恵まれている人の方が有利じゃん。

と、旦那さんに本を見せてやろうかとも思いましたが。


そんなくだらないことで、あーだこーだ言いあうよりも。

今、自分が、ここにある。

と、いうこと自体に。

感謝してみようではないかと。

何が良くて何が良くなかったかのかなんて。

遺伝的に優れていて、成功することとかが、本当に良かったのか悪かったのか。

そんなことは、死ぬときになってみないと分からないですものね。



と、いうわけで。ワタシは。
ひっそりと本を置いて。


一杯の命の恵みのフレッシュジュースを飲みながら

ぼんやりと、ああ、生きてるって素晴らしい。

だなんて、柄にもなく、思ってみたりしたのでした。






みなさんのワンクリックが
励みデス↓m(__)m
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ






COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

SEARCH

RSSフィード















R.A.W. raw food atelier woonin
R.A.W.
raw food atelier woonin

白金高輪にあるローフードアトリエ。
女性が輝くローフードTIPSを
レクチャー&個人セッション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。