PROFILE

yoccico

Author:yoccico
ローフード食材・オーガニック食材の
通販/卸売
LIVING LIFE MARKETPLACE
沖縄・ローフードカフェ
スムージー&ジュースバー
KARMA ORGANICS
を運営しています。

-Aloe barbadesis-
□ ユリ科 Liliaceae
□ アロエベラ、キュラソーアロエ
□ 抗ウィルス、胃粘膜保護など
□ アフリカ
品種が多く世界中で環境に適するように分布。ヨーロッパで好まれる。キダチアロエに比べ大きく育ち肉厚。
アロエ:苦いを意味する言葉

CALENDAR

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RECENT ENTRY + COMMENT

RAW

YOGA

ARCHIVE

  


「ALOEログ+ローフード」について

yoccicoです。

2008年7月から本格的にローフードを日常に取り入れるようになり、 身体の変化を感じながら、
ローフードクッキングの楽しさ、 ローフードの与える影響にすっかり虜になり、 2009年3月、
ローフード+オーガニック食材専門店 LIVING LIFE MARKETPLACE(販売・通販)
を設立しました。

まだまだ小さなお店ですが、ローカカオ[生カカオ]製品(ニブ、パウダー、バター)、
ローカシューナッツ(生)、デーツ、アガベネクター、
フラックスシード、ココナッツオイル(食用)などのローフード食材の通信販売をしています。
自分たちが本当に欲しいと思うもの、必要だと思うもの、
実際に味わい、安全でおいしいと思えるものを吟味して取り揃えていきたいと思います。
そして、日本国内、どこででもローフード食材が手に入るような、
そんな世の中になっていく環境作りに貢献できたらと思っています。
ローフード、ヨガ、沖縄に関する日記や、ローフードダイエットについて、
そして日々作った料理などをブログに 載せているので、
暇な時なんかにちら~っと遊びに来てくださいな。

yoccico自己紹介は → こちら

お店のサイトはこちら↓↓↓

ローフード+オーガニック食材専門店
LIVING LIFE MARKETPLACE

~ RAW FOOD & ORGANIC WEBSHOP ~

実店舗はこちらです↓
KARMA.png





✥✥✥ レシピブック発売記念。 ✥✥✥
無料クイック講座日程は → こちら


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化粧水の賞味期限

結婚前、実家に居た頃、
名古屋にあるハーブの教室に通っていたことがある。
当時、フィトテラピーにとても興味があって、
本格的にフィトが学べるスクールも開催しているアトリエで
ワタシはハーバルコース(月に2回程度・・)で、
ハーブを使ったお料理や、クリスマスリースやお正月飾りを作ったり
アロマテラピー、リンパドレナージュ入門など、
要は、ハーブを使って楽しもう!という、初心者向けのお教室。
に、通っていた。

いつかはフィトテラピーの資格もとりたいなぁなんて思ってたけど、
結局その頃は、どんどんヨガの世界へ没頭していって、
時間もお金もヨガにつぎ込んで、いつの間にやら
フィトのことなんてすっかり忘れてしまっていました・・

でもね、月に2回程度だったけど2年くらいは通ったのよ。。

その時に、手作り化粧水を作ろう!
という、クラスがありました。

精油を使った正真正銘手作りの化粧水。

その時に、先生から聞いたお話。
すごく印象的で、ちょっと思い出しました。

「無添加」と良く聞くけれど。
厚生省が「添加物」として認めたものが入っていないというだけで、
(おそらく表示義務のあるものということ)
それ以外の何がなんだかわからない薬品(時に劇薬)が添加されている場合が多いということ。
本当に何も添加されていない化粧水、要は手作りの化粧水とは
長くても1ヶ月持つかもたないか、らしい。。(冷蔵保存でね)

パラベンが、昔、発がん性物質だということですごく話題になったけれど
ものすごく小さなラットに、毎日毎日大量のパラベンを投与して
出た結果なので・・・あてになるようなならないようなお話です。ということも言っていました。

ある化粧品を作っている研究者さんのお話を思い出したけど、
現時点で存在するものの中で、一番、少量で済む防腐剤が「パラベン」。
だから、使用していると言ってらっしゃいました。
その他の、防腐剤は、大量に入れなければいけなかったり
そうすると、今度は化粧品自体の性質が変わってしまったり、副作用がもたらされたり。
なかなか難しいんだって。
いろいろな研究者さんがいると思うので、これがどの程度信憑性があるかもわからないし、
日進月歩の化学の世界、もうすでにパラベンに代わるものが出てきているかもしれない。


話はフィトの先生のお話に戻るけれど、
この先生なかなかなお人で、
三重大学医学部の精神科の助教授の古森(小森かもしれない)先生という人の
研究のお手伝いにいったり、
フランス6大学のフィトの研究をされている方(名前忘れた)を呼んで
講演会をされたり。

私もその講演会には参加したのだけれど、(多分もう5年くらい前)
アロマやフィトの世界、代替療法だとか、漢方だとかそういう世界というのは
医学の世界ではやはりまだまだ、何を夢見たことか。と思われていることが多いらしい。
その講演会には、昭和薬科大学で漢方の研究をされている方とか
もちろん、三重大学医学部の古森助教授も来ていたし、
あと、温熱療法をされている方とか。
いろいろな分野の方々から、面白いお話を聞かせていただきました。
皆のお話をいろいろと聞く限り、
そういう世界を白い目で見ている、医者や科学者が多いのだそうな。

でも、最先端だー!と、最先端技術を振りかざしている人ほど、
アメリカなんかがハーブだなんだと言い出すとすぐに寝がえりをうつらしい。
医学の世界もアメリカには弱いみたいです。。

そんな中でも古森助教授は、中立な立場というか、
アロマに傾倒しすぎることなく、でもアロマの可能性を信じ、客観的に見つつも
医学の世界の厳しさも知っている・・・といった感じだったでしょうか。。
何故、アロマの研究をされているのかというと、
「面白い結果が顕著にでるから」と言われていました。
ふむふむ、と思いながらも、具体的なことは良く分かりませんでしたが、
やはり、アロマを使って実験すると、
精神を疾患した人たちに、面白い結果が出るとのことなのでしょうか。


私は、以前は、医者というものを身近に感じたことがほとんどなかったのですが、
やはり、医者を目指す旦那さんを身近に持つことで、
いかに、医者になるのが大変なのかということを、
しみじみ感じております。
医学部受験も大変だったけど・・・
膨大なテキストや分厚い医学書、解剖実習、
毎週行われるテスト、携帯に入ってくる医学部生だけの情報交換。
パソコンに入ってくるニュース医療、
HPにアップされる訳のわからない授業の内容・・・
大学に入ってからも、もっと大変じゃん!
そしてもっともっと大変になっていく。

信じられないほどの勉強に追われ、
6年間を過ごすわけです。
きっと、現役で国公立医学部に入るような方たちは
小さな頃から英才教育で勉強一筋でやってきたのではないかと。。
だから、勉強に費やす時間が半端ないわけです。
それなりにプライドも生まれるわけなのです。きっと。

そんなエリート集団な方たちに、代替療法だとかというお話を認めてもらえる余地は・・・
なかなかないのかもしれませんね。
(うちの旦那さんはエリートコースを歩んできたような人ではありませんけれど…)

それでも、お医者様の中にも、代替療法などに
目を向けてくれる人というのは近年増えてきているのではないでしょうか。

前出の古森助教授はこんなことを言っていました。
『代替療法だけでは、医学の世界では肩身の狭い思いをしてしまう。
けれど、手を取り合って、よりよい方向へ目指すことはできるのではないか』

と。


手作り化粧水のお話でしたが、
とんでもない方向へ話が進んでしまいました。






みなさんのワンクリックが
励みデス↓m(__)m
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

SEARCH

RSSフィード















R.A.W. raw food atelier woonin
R.A.W.
raw food atelier woonin

白金高輪にあるローフードアトリエ。
女性が輝くローフードTIPSを
レクチャー&個人セッション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。