PROFILE

yoccico

Author:yoccico
ローフード食材・オーガニック食材の
通販/卸売
LIVING LIFE MARKETPLACE
沖縄・ローフードカフェ
スムージー&ジュースバー
KARMA ORGANICS
を運営しています。

-Aloe barbadesis-
□ ユリ科 Liliaceae
□ アロエベラ、キュラソーアロエ
□ 抗ウィルス、胃粘膜保護など
□ アフリカ
品種が多く世界中で環境に適するように分布。ヨーロッパで好まれる。キダチアロエに比べ大きく育ち肉厚。
アロエ:苦いを意味する言葉

CALENDAR

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RECENT ENTRY + COMMENT

RAW

YOGA

ARCHIVE

  


「ALOEログ+ローフード」について

yoccicoです。

2008年7月から本格的にローフードを日常に取り入れるようになり、 身体の変化を感じながら、
ローフードクッキングの楽しさ、 ローフードの与える影響にすっかり虜になり、 2009年3月、
ローフード+オーガニック食材専門店 LIVING LIFE MARKETPLACE(販売・通販)
を設立しました。

まだまだ小さなお店ですが、ローカカオ[生カカオ]製品(ニブ、パウダー、バター)、
ローカシューナッツ(生)、デーツ、アガベネクター、
フラックスシード、ココナッツオイル(食用)などのローフード食材の通信販売をしています。
自分たちが本当に欲しいと思うもの、必要だと思うもの、
実際に味わい、安全でおいしいと思えるものを吟味して取り揃えていきたいと思います。
そして、日本国内、どこででもローフード食材が手に入るような、
そんな世の中になっていく環境作りに貢献できたらと思っています。
ローフード、ヨガ、沖縄に関する日記や、ローフードダイエットについて、
そして日々作った料理などをブログに 載せているので、
暇な時なんかにちら~っと遊びに来てくださいな。

yoccico自己紹介は → こちら

お店のサイトはこちら↓↓↓

ローフード+オーガニック食材専門店
LIVING LIFE MARKETPLACE

~ RAW FOOD & ORGANIC WEBSHOP ~

実店舗はこちらです↓
KARMA.png





✥✥✥ レシピブック発売記念。 ✥✥✥
無料クイック講座日程は → こちら


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食生活は遺伝する。母親の大切さ。

昨日のブログにも書いたんだけれど、
ワタシ、幼いころは太っていたんです。
ホントに。
石ともさんのビフォアアフターもすごいけど、
ワタシのビフォアアフターも、結構衝撃的かもネ。笑
でも、ビフォアがあまりにも幼いころすぎて、
あまりあてにならないような話?
写真、あればな~
載せてもいいくらい。びっくりするよ。きっと。

申し訳ないけれど、幼いころのおデブは親の責任。
物ごころついてからのおデブは自己責任。

そう、思っています。

太りやすい体質が遺伝するっていうけれど、
太りやすい体質なんて、あってないようなもの。
人間の身体がキチンと機能しているならば、
普通に食べれば、ちゃんと吸収して、
食べ過ぎれば、太るのが当たり前。
飢餓が来ても、生きながらえるように、
人間は太るようにできているらしいですね。

ガンガン食べても全く太れないなら、それはきっと
どこかが正常じゃない・・・証拠なのではないかと思ってしまうのです。

幼い頃にキチンとした食生活を身につけさせてあげること。

これは、母親の責任。義務?可愛い子になら、義務だなんて思わなくても
きっと、愛情注げばできるのでしょうね。
子供を持ったことがないので、子供に対する愛情というのは、
まだ、未知の世界です。きっと素晴らしい世界なのでしょうね。
でも、その母親自体が正しい食生活を身につけていなければ、
どんなに愛情を注いでも、残念なことに、正しい食生活は受け継がれません。

幼い頃のおデブは親の責任だとは思っているけれど、
別に両親を恨んだりなんてこれぽっちもしていません。
ほら、幼少期や思春期に太ると、
脂肪細胞が増えて、太りやすい体質になるっていうじゃない。
あ、太りやすい体質って、もしかして、後天的なもの??
じゃあ、痩せやすい体質っていうのも、
もしかしたら後天的なものなのかも知れませんね。
だから、恨んでなんていないですよ。
物ごころついてからのおデブは自己責任だと思っているし。


小学生のころ、風邪か何かでかかった病院で、お医者様が
「太りすぎだよ、肥満。糖尿病とか心配だからなんとかしなくちゃね」
云々。
はっきりとした言葉は覚えていないけれど、
幼いながらに、何かそのような事を言われたなぁ~
というのは、覚えています。
でも、全然ピンときてなかったけど。

母親も、きっと、幼い可愛い娘が糖尿病になっては可愛そうだと、
決意したのですね。
その後、ワタシのおやつは一切おにぎりになりました。

そのころからだんだんと、ああ、お菓子を食べれば、太って、
ご飯をおかわりすれば体重が増えるのだなぁということを自然と学びました。
私のことを見捨てずに、ちゃんと導いてくれた母親にはむしろ感謝ですね。
幼い子供に対して、辛いこと言うな、先生。(ぶっきらぼうな先生だったからね。)
って、はたから見たら思うかもしれないけれど、
ワタシに対して言っていたわけじゃないんでしょうね。母親に対して言っていたハズ。
あの言葉がなかったら、ワタシ、今でも、肥満を引きずっていたかもしれませんね。
ぶっきらぼうだったけど、あの先生にも、感謝。


タイミングって大事ですね。
そんなこんなが、重なり重なって、ちょうど成長期に
身長がスルスル10センチ伸びて、体重が変わらなかった。
特に辛いダイエットをしただなんて、これっぽっちもなかったけれど。
普通体型になれました。
思春期を迎える前に、物ごころが付く前に、太ってるということをそれほど気にも留めていなかった
幼い時期だったからこそ。
無理なく、食生活を見直すことができたし。
ラッキーだったと思っています。

むしろ、中学生とか高校生とか、
ファッション、だとか、ダイエットとか、恋愛だとか。
そんなのに興味を持ち始めて、自我が芽生えだした頃の方が、
なんだかやたらとご飯を食べる量を減らしてみたり、
いろいろとしてみたものです。

ワタシは、幼少期のあの、太っている時代っていうのがあるからこそ、
太っているということに対する痛みも理解してあげることができるし、
痩せたい、と思っている人の気持ちも良くわかる。
幼少期に太っていたせいでちょっと太りやすい体質なのかも?になってしまったわけで、
こうして、「食」や「健康」に対して興味を持てているのかもしれない。
人の痛みを分かってあげられるということは財産で、
それが今の自分の糧ともなってもいる。

全ては繋がっているんですね、きっと。



母親の役割って本当に大切。

太りやすい体質が遺伝するんじゃなくて、
太りやすい食生活や生活習慣が遺伝するんだと思っています。


でもね、だからと言って、
あれはダメ、これはダメ。
そんなお母さんになってしまっても、子供が気の毒かもしれませんね。。

なんだか、ワタシの場合、ローフードを取り入れてから
時間が経過するごとに、あれはダメ、これはダメの
こだわりがどんどん消えていっているんですね。

身体が喜ぶもの、自然の恵みをそのままいただく。

ただ、それだけの話。

○○という食べ物が、身体に良くなくて、
○○という食べ物が、身体にイイ!
この組み合わせが云々、とか。。

そういう知識を入れていく時期を経てですね。
そういうことが、徐々にどうでも良くなってきているのです。
(もちろん、無視していい、というワケではないのですが・・・)


もしも、自分が、母親になったのならば。

まるごと自然が美味しくて、美しくて、
身体と心に潤いを与えてくれる食べ物なんだよ。
規則正しい生活や、規則正しい食習慣が、
貴方を一番輝かせてくれるんだよ。

と、自然の恵みや、自然の叡智、生命の営みを
「食」を通して伝えていける人になりたいな。
そんな母親像がとても理想です。



でも、実際の子育ては・・・

そんなに簡単ではないのでしょうけれど。。




ローフードで世界中の人の心が平和になりますように。
皆さんのワンクリックが
励みです↓m(__)m
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • #
  • 2010.02.13(Sat)
  • Edit

SEARCH

RSSフィード















R.A.W. raw food atelier woonin
R.A.W.
raw food atelier woonin

白金高輪にあるローフードアトリエ。
女性が輝くローフードTIPSを
レクチャー&個人セッション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。