PROFILE

yoccico

Author:yoccico
ローフード食材・オーガニック食材の
通販/卸売
LIVING LIFE MARKETPLACE
沖縄・ローフードカフェ
スムージー&ジュースバー
KARMA ORGANICS
を運営しています。

-Aloe barbadesis-
□ ユリ科 Liliaceae
□ アロエベラ、キュラソーアロエ
□ 抗ウィルス、胃粘膜保護など
□ アフリカ
品種が多く世界中で環境に適するように分布。ヨーロッパで好まれる。キダチアロエに比べ大きく育ち肉厚。
アロエ:苦いを意味する言葉

CALENDAR

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RECENT ENTRY + COMMENT

RAW

YOGA

ARCHIVE

  


「ALOEログ+ローフード」について

yoccicoです。

2008年7月から本格的にローフードを日常に取り入れるようになり、 身体の変化を感じながら、
ローフードクッキングの楽しさ、 ローフードの与える影響にすっかり虜になり、 2009年3月、
ローフード+オーガニック食材専門店 LIVING LIFE MARKETPLACE(販売・通販)
を設立しました。

まだまだ小さなお店ですが、ローカカオ[生カカオ]製品(ニブ、パウダー、バター)、
ローカシューナッツ(生)、デーツ、アガベネクター、
フラックスシード、ココナッツオイル(食用)などのローフード食材の通信販売をしています。
自分たちが本当に欲しいと思うもの、必要だと思うもの、
実際に味わい、安全でおいしいと思えるものを吟味して取り揃えていきたいと思います。
そして、日本国内、どこででもローフード食材が手に入るような、
そんな世の中になっていく環境作りに貢献できたらと思っています。
ローフード、ヨガ、沖縄に関する日記や、ローフードダイエットについて、
そして日々作った料理などをブログに 載せているので、
暇な時なんかにちら~っと遊びに来てくださいな。

yoccico自己紹介は → こちら

お店のサイトはこちら↓↓↓

ローフード+オーガニック食材専門店
LIVING LIFE MARKETPLACE

~ RAW FOOD & ORGANIC WEBSHOP ~

実店舗はこちらです↓
KARMA.png





✥✥✥ レシピブック発売記念。 ✥✥✥
無料クイック講座日程は → こちら


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローチョコレートが元気の源

ローカカオ

良いか悪いか。

巷では、時として賛否両論あるようです。
確かに、そうかも。
すべての媚薬は、良い面も、悪い面もある。
身体にいい影響を及ぼさないという人もいれば
それを摂取することで元気になる人もいる。
(媚薬という言葉をウィキで調べてみるとこんなことが書かれているのでそれもまた、面白い。→ 『歴史的には大変古いが食用となる野菜や果物、獣肉等の産地、知識が偏っていた前近代においては、刺激性物質の入っている食材が媚薬とされることがすくなからずあり、タマネギなど現代では一般的な食材も過去には媚薬扱いされていた。これは嗜好品の一般化した近年とは異なり、当時の人々が刺激性物質や化学物質に全く晒されていなかったために薬効が顕在化しやすかったのではないかという説がある。また前述のプラセボ効果により、珍しい果実や食材に媚薬効果があるというふれこみで輸入・販売されることがあった。』)

まあ、それを、必要とするかしないかは。
人それぞれでいいような気もしています。

もちろん、ローカカオやローチョコレートを
毎日毎日大量に摂取したら
良いものだって、悪いように影響します。
それは、どんなに身体に良いとされるものだとしても
単一のものの大量摂取は決して身体にいい影響を及ぼさない。
過ぎたるは及ばざるがごとし。
何ごともほどほどが大切です。

もちろん、死の淵を彷徨うような
例えば末期がん患者さんとか、
大病を抱えるような人に対して・・・
ローチョコレートを食べなさい。
と、薦めるのは、気がひけます。
それは、ローチョコに限らず、
ディハイドレイトしたものだったり、
グルメローフード全般に言えることかもしれません。。

死と隣り合わせの大病を抱えてしまったような場合。
やはりいきつくのは、○○療法だとかいわれるようなもの。
病気の治療法にたどり着くしかないのだと思います。
とてもシンプルで、傍から見たらストイックな食事療法。
ある程度、健康な人だって、いきつくところはそういう世界なのかしら。
そんな、シンプルに、「食べること」に執着を持たずに生きられたら。
なんてすばらしいんだろう。
とても憧れたりもするのですが。

だけど待てよ。
病気を治すための食事法と、ある程度健康な人がもっと健康になるための食事法って。
一緒になるのだろうか。これ、時々疑問に思うんです。
果たして、ホントに、ある程度健康な人がそこまでする必要はあるのか。
と、思ってしまうこともある。
自分の心に打ち勝つという試練と。スーパーストイックさと周りとの関係もろもろもある。
もちろん、そんなエッセンスを生活に取り入れるのはとてもとても素晴らしいこと。
でも、時にガチガチの健康管理は、健康を損なうこともある。
そんな研究結果も出ているようです。→ フィンランド症候群
パラドックス。
理屈だけじゃない人間の身体。
どんなに身体にいいと言われるものでも、
オーガニックで無添加で最高級のものでも。
自分に宿る精神が、心からそれを求めていなければ。
良いものも、悪いように働く場合もある。
メンタル面でのストレスは理屈よりも素直に身体に現れる。

どんな食品でも体質に合う、合わないがあると思うので。
画一化して、万人の人に、この食べ物・食べ方がいいですよ!
この食べ物・食べ方はダメですよ!とは言い難い。
でも、今のワタシ・・・
なぜか「ローチョコレートが元気の源」なんです。
(もちろん毎日大量摂取はしていませんが)
なぜでしょう。
一口食べるとホントに力にみなぎる感じがします。
もちろん、環境や考え方や体質が変われば。
それを必要としなくなる時も来るかもしれません。

特にね、お腹の中が空っぽになっているときとか。
腸内がローフードでとってもクレンジングされて綺麗になっているときとか。
ローチョコレートをほおばると、
なんだか喜びに充ち溢れる感覚になってしまいます。
媚薬と言われる所以でしょうか。

なかなか俗世界から遠のくことができないワタシは
ローチョコレートをほおばることが
なんだかこの上ない至福の時なのですね。
それは、精神的な幸せ感なのです。メンタリーヘルシーなのね。
だから、こういうローチョコレートがトランジッションフード(移行するための食べ物)
として利用されるのも分かるような気がします。

食品添加物使われていないし、白砂糖使われていないし、
生クリームも乳製品も使われていないなら。
チョコレート好きな人。
バレンタインに、チョコレートを贈りたい人。
お子さんに市販のチョコレートを食べさせたくな人。
ぜひぜひ、ローチョコレートを選んでほしいと思う。

白砂糖ふんだんのチョコレートから離れるための手段でもいいじゃない。

世の中には確実に、ローという言葉、ローチョコレートという言葉が、
ゆっくりだけど、浸透してきているのです。
(お店をやっているとね、思わぬところから問い合わせとかあったりして、わぉっ!て、いろいろ分かるんです。)


エココロ 9月号にはシンヤチエさんのローチョコレートレシピが掲載されています。

その序文を書いているのがディレクターの石田エリさん。

『…マヤ、アステカの民は太陽崇拝を中心とした多神教のもと、カカオという植物の実に自らの血の色を見た』
そんな冒頭のなんだかなまめかしい文章と、モノクロのデッサン風のエキゾチックな画。

とにかく、カカオとはかつて、特権階級のみが口にできる神聖な飲み物だったというのは事実だそう。

儀式や貨幣、薬。

そして、媚薬。

カカオに秘めるスピリチュアリティが
幾年の時を経て、
今、まさに現代に。
ローチョコレートとして蘇って、そして
人々を熱狂させるのかもしれない。

そんな風に思う。

ローチョコレートの行く末と、
ワタシの今の、元気の源。

魅惑的なローカカオです。



-------------------------------------------------------------
いつもブログを読んできただきありがとうございます。
↓下記のボタンを押してください。応援を励みにしています。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
気になるローフードレシピ、ローフードブログは
こちらから↓↓↓
ローフードブログランキングはこちら
レシピブログはこちら
blogramはこちら

---------------------------------------------------------------

ローフード+オーガニック食材専門店
LIVING LIFE MARKETPLACE

~ RAW FOOD & ORGANIC WEBSHOP ~







COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
玉ねぎも媚薬か~。
とすると、「近代化は高刺激、高嗜癖」という私の考察も、
まんざらはずれてないのかな。
http://rawbeauty.seesaa.net/article/151091260.html
チョコを見ていると、私は、カカオはある種「お米」と同じような神秘性を
授かっている食べものだと思うのね。
だから理屈で割り切れないのではないかと思います。
そんな私は私は今全然チョコ体質じゃなくなってるので
その不思議な変化はいずれまたeマガでレポートします。
  • 石とも#x7SNgv4U
  • URL
  • 2010.08.07(Sat)
  • Edit
石ともさん
オー!コメントありがとうございます!
「近代化は高刺激、高嗜癖」というのは頷けます!
だから、現代社会は鬱だったり、神経がやられてしまうような病気が増えてきているのではないか?とも思ってしまいますね~
カカオとお米。
どちらも神秘的ですね。
あえて言うならカカオは人々を魅了するアイドル性があると思うので、ローフードに全く興味を示さない人たちに対しても訴えかけることができる可能性があるような気がします。
お米はより厳粛で神格化されるべき要因を含んでいるような気がします。日本の神話のような。。(イメージだけで話していますが)
カカオはPEA、お米はセロトニン。
どちらも脳内物質に影響する要因があるからなおさらでしょうか。
ローカカオはローカカオの良さ、お米はお米の良さがあるのですが、ローカカオ×お米も結構好きなワタシで、ローカカオライスミルクなんてのも飲んだりしています・・・ふざけてますが。。
ワタシはローカカオを販売している張本人なのですが、カカオのいいところ、いろいろ言われているところ、そして秘めた可能性、そんなところを全て明らかにした上で、お客様自身に選んでもらいたいなって思うようになりました。
でも、ローカカオバターにダイエット効果があるのはホントみたいですね。免疫学の教授が言っていたそうです。
長くローフードを続ける中でその時に必要なものって微妙に変化していきますね。
そんな石ともさんの変化、またeマガで楽しみにしています!
  • yoccico#-
  • URL
  • 2010.08.08(Sun)
  • Edit

SEARCH

RSSフィード















R.A.W. raw food atelier woonin
R.A.W.
raw food atelier woonin

白金高輪にあるローフードアトリエ。
女性が輝くローフードTIPSを
レクチャー&個人セッション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。