PROFILE

yoccico

Author:yoccico
ローフード食材・オーガニック食材の
通販/卸売
LIVING LIFE MARKETPLACE
沖縄・ローフードカフェ
スムージー&ジュースバー
KARMA ORGANICS
を運営しています。

-Aloe barbadesis-
□ ユリ科 Liliaceae
□ アロエベラ、キュラソーアロエ
□ 抗ウィルス、胃粘膜保護など
□ アフリカ
品種が多く世界中で環境に適するように分布。ヨーロッパで好まれる。キダチアロエに比べ大きく育ち肉厚。
アロエ:苦いを意味する言葉

CALENDAR

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RECENT ENTRY + COMMENT

RAW

YOGA

ARCHIVE

  


「ALOEログ+ローフード」について

yoccicoです。

2008年7月から本格的にローフードを日常に取り入れるようになり、 身体の変化を感じながら、
ローフードクッキングの楽しさ、 ローフードの与える影響にすっかり虜になり、 2009年3月、
ローフード+オーガニック食材専門店 LIVING LIFE MARKETPLACE(販売・通販)
を設立しました。

まだまだ小さなお店ですが、ローカカオ[生カカオ]製品(ニブ、パウダー、バター)、
ローカシューナッツ(生)、デーツ、アガベネクター、
フラックスシード、ココナッツオイル(食用)などのローフード食材の通信販売をしています。
自分たちが本当に欲しいと思うもの、必要だと思うもの、
実際に味わい、安全でおいしいと思えるものを吟味して取り揃えていきたいと思います。
そして、日本国内、どこででもローフード食材が手に入るような、
そんな世の中になっていく環境作りに貢献できたらと思っています。
ローフード、ヨガ、沖縄に関する日記や、ローフードダイエットについて、
そして日々作った料理などをブログに 載せているので、
暇な時なんかにちら~っと遊びに来てくださいな。

yoccico自己紹介は → こちら

お店のサイトはこちら↓↓↓

ローフード+オーガニック食材専門店
LIVING LIFE MARKETPLACE

~ RAW FOOD & ORGANIC WEBSHOP ~

実店舗はこちらです↓
KARMA.png





✥✥✥ レシピブック発売記念。 ✥✥✥
無料クイック講座日程は → こちら


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体質判断をしてみたのだ。

巷にはいろいろな健康法やダイエット法の情報が氾濫していて
一体どの情報を信用したらいいのかしら???

なんてこと、感じたことはありませんか?

そんな中でも、人それぞれの選択肢があって、
これだ!っとピンときたものを、採用するのですよね。きっと。

どの健康法も、ダイエット法も間違いではないのかもしれません。

だって、100人いれば100通りの体質があって、
性格があって、その人のおかれた環境もその都度違う。

タイミングと体質と、健康になりたい、綺麗になりたいなどという思いがマッチした時に
素晴らしい効果が発揮されるのかしら?

なんて思うこともあるのですが。

ただ、一つだけ言えることは、
美や健康を保っている人はやっぱり努力を怠ってはいないということでしょうか。。

何もせずに、美しさは保てないし、スーパーヘルシーでパワフルに歳を重ねてはいけません。

今、試行錯誤しているこの営みが、何年後かの自分を作りあげているのだな。
と、思うと頑張れますね。
すぐに結果が現れなくても、自分の身体との対話は一生続く訳なので。
焦りは禁物です。

ワタシはローフードを採用してから4年ほど経ちましたが、
今でもいろいろと試行錯誤しているし、
自分の体の変化を日々感じています。

時に迷うこともあるのです。。

そんな時、客観的に体質判断というものをしてみるのもいいかもしれないと、
最近ちょっと興味を持ち始めたアーユルヴェーダの体質判断をしてみました!

ローフードでいわれていることと、アーユルヴェーダでいわれていることは
相反する部分もありますが、(マクロビオティックなどもそうですね)
それでも、いろいろなエッセンスを汲み取り、生活に生かすのは
それこそ、生活の知恵だと思っています。
全てのホリスティックな健康法は多少手段は違ったとしても、向かう目的は同じだし、
考え方の基本、自然に添った生き方というベースは同じなんだと思います。

専門家にお願いした体質判断ではないので、
どれくらい正確なのかは分からないけれど、
とりあえず、アーユルヴェーダの入門書的な本を利用した結果・・・
ワタシはピッタ・ヴァータという体質に分類されたようです。。
(昔、雑誌とかに載ってるやつでやってみた時はピッタじゃなかったような気がする・・)

そう、ピッタが優勢だったのですね~

冷えやすいので、ピッタではないと思っていたけれど。(冷えはあまり関係ないのか?)

ピッタは変化をつかさどるドーシャで、食物の消化や新陳代謝などの体内の生化学的な活動を制御しています。
また、ピッタは知性的なドーシャでもあるので、ばかばかしいことには耐えられない几帳面な一面もあります。

ピッタの構成元素:火 水
自然界のピッタ:火 太陽の熱 
ピッタの属性: 熱い、鋭い、明るい、液体の、やや油性の、酸っぱい、刺激性の

とのことです。

ちなみにこちらの雑誌↓
http://yoccico.blog79.fc2.com/blog-entry-872.html

に掲載されていた体質判断では
ワタシは「クレバータイプ」でした。。

うーん、どうも、神経を尖らせて、リラックスするのが苦手なタイプなのかも?

なんて、疑ってみたり。。

リラックスがするのが苦手で、知らない間にストレスをためやすい。。

そう、常に、交感神経が活発になっていると、
カラダが極度に緊張して、全身の血流が悪くなり「冷え」を招くそうですね~

「冷え」にはリラックスが必要。
でも、リラックスばっかりでもダメなのよね。

緊張と弛緩のバランスが大切。うん、とってもヨガ的。

アーユルヴェーダにちょっと興味を持ったのは
「調和とバランス - これこそがアーユルヴェーダの出発点」
という部分に惹かれたのです。

アーユルヴェーダは食事や運動だけでなく、
瞑想や呼吸法、1日のリズムの整え方、自然との結びつきを見つけることも非常に大切。

それから、大半の健康法と違って、全ての人に通用する決まりというものはなく、
ひとりひとりに別々の決まりがある。

という部分も大いに納得。

ガブリエル・カズンズ氏のコンシャス・イーティングを読むと、
冒頭部分はほとんどが体質判断について書かれています。

しかも巻末にある、レシピではドーシャ別に分かれた良い食べ物、組み合わせなども取り入れています。

素晴らしい効果を発揮するためには
それだけ、一人ひとりをユニーク(唯一無二)なものとしてとらえなければいけないのかもしれませんね。

かといって、医学的バックグラウンドもない
一般人の私たちがそこまでのことをできるわけもないので、
様々な情報をただ鵜呑みにするのではなく、
自分自身のカラダで確かめて、試行錯誤していくのが
大切なのでしょうね。

最後に、トリニティーのガブリエル・カズンズ氏のインタビューより↓

『ローフードには体質を越えて共通するメリットがたくさんありますが、
その中でどんなものを食べるのがベストなのか、個人の体質を見極めることが大切です。
「バランスのよい食事」ということですから、人によってその比率は違います。炭水化物を多く摂ることでバランスが取れる人もいれば、タンパク質をメインにすることでバランスが取れる人もいます。ベジタリアンを実践していて一見健康的な食生活でも、あなたにとって本当に必要な栄養が吸収できているとは限らないのです・・・』
(トリニティーのローフード特集はオススメです → Trinity No.36 (2010.AUTUMN)


自分にとってのベストバランスを見つけるためのローフード・ジャーニーはまだまだ続きそうです。。


-------------------------------------------------------------
いつもブログを読んできただきありがとうございます。
↓応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
ローフードブログランキングはこちら
---------------------------------------------------------------
ローフード+オーガニック食材専門店
LIVING LIFE MARKETPLACE

~ RAW FOOD & ORGANIC WEBSHOP ~

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

SEARCH

RSSフィード















R.A.W. raw food atelier woonin
R.A.W.
raw food atelier woonin

白金高輪にあるローフードアトリエ。
女性が輝くローフードTIPSを
レクチャー&個人セッション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。